職人の一言日記  2014年10月

■10月31日(金)井上です。

こんにちは。
朝一番から外園(ほかぞの)くんと打ち合わせ。

外園くん、たまに「ガイエンさん」と呼ばれる事があるそうです。
素敵ではないですか!

わたくし井上は別の呼び方をされた事は一切ございません。

ちなみに棟梁こと『仰木さん』
当社の場合、右を見ても左を見ても『仰木さん』がいます。

でも『仰木さん』って全国で500名しかおられないそうです。
その2%を占めている当社の大家族棟梁一家。
右を見ても左を見ても『仰木さん』がいるのは凄い事なんだと認識しました。


二階に仰木さん。


外に仰木さん。


右に仰木さん。


左に仰木さん。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■10月31日(金)こんにちは。永富です。

久しぶりに小杉サンのお弁当見つけました。


来月からの施工に向けて、勉強熱心な小杉サンに渡す資料を集めておりましたら
資料数が600枚にもなってしまいました。

分かっている事はただ一つ。
今からやり直さないと明日の11月1日には間に合わないという事です。


秋になりますと、近所のあちらこちらで
柿や野菜の無人販売を見るようになります。
4個ほど入って 一袋100円。お金は取っ手の取れた古い鍋の中へ。

柿とジャガイモと玉ねぎの袋を手に取り、計300円。

でも500円玉しかない時の対処法
@あと2袋選ぶ。
A3袋500円でも安いからと500円玉を入れて帰る。
B勝手に鍋の中からお釣りを取る。

無人販売とは自分の器量を知る身近なバロメーター。
予想通り鍋の中から200円を握りしめ帰って来ました。



週末3連休は、またお天気が悪いようです。

11/1(土)  雨 後 曇   降水確率80%

11/2(日)  曇 時々 雨  降水確率60%

11/3(月)  曇 時々 晴  降水確率20

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■10月30日(木)仰木です。

皆さんお疲れ様です。

新しい相棒のボートです。


仕事終わりにバタバタと
来年度のJB戦(日本バスプロ協会)の相棒を見に行って来ました。

とてもとても励みになります。

昨日の家族サービスもこの為に。
まだまだしばらくはサービス頑張らないと。


こちら今日の馬場山の写真です。

外部と内部で二手に分かれての作業です。

内部。
 

外部。


この小杉君を「わっ!」
と、驚かせたい場面ですが仕事中なので我慢我慢。
ゴルフも釣りも我慢を覚えればいいのですけど・・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■10月30日(木)こんばんは。

井上です。

本日は南区邸と中間邸に向け、玄関柱や


同じく玄関で使う、框(かまち)や式台(しきだい)の搬入。


長い期間かかってしまいましたが、温かな御対応に本当に感謝しております。


加工のため、まだまだ倉庫も賑やかになってまいります。

もちろん設計図は出来ておりますが
どうアレンジしようかな、と考えております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■10月30日(木)仰木です。

皆さんおはようございます。

今日も馬場山の現場です。

外部は色々とボリュームがあるので中々進みません。
でもこのボリュームを面白く仕上げます。
完成を楽しみにしていて下さい。


秋。
綺麗なイチョウと、おいしい銀杏の季節ですね。
でも、実が熟した時の香りといいますか、臭いは独特です。

ですので道路沿いにあるイチョウ並木は実のならない雄株を植えているところが多いです。
それを知らない子供達が木を揺らそうとする姿を最近見かけました。

イチョウは雌雄異株(しゆういしゅ)と呼ばれ、雄の木と雌の木が存在し
他にもヤナギ・クワ・月桂樹・藤・メグスリノキ・サネカズラがあります。

またイチョウの木は脂分が多く水はけが良いことから
腐りにくく抗菌作用があると言われ
イチョウから出来たまな板は値段も少々高く売られています。

やはり雌株の方が実をつけたりと利用価値が高いので重宝されます。
強いのです。

植物に限らず、どの世界でも女性は強いです。強い強い。
子供全員を味方につけている嫁に、底知れぬチカラ強さを感じる今日この頃。

もう手も足もでません。
たまに頭も出したくありません。



時期は違えど
同じく私達の目を楽しませてくれる桜の木。
では、桜並木が川沿いに多いのはなぜ?

それは、花見客がたくさん来て、その人間の足で地固めしてもらうためです。
雪解け水で川が氾濫し地盤が弱くなったものを強固にするのですね。
また根を張って地盤を頑丈にもしてくれます。

これもまた、美しさと現実性を兼ね備え考えられた昔からの知恵です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■10月29日(水)こんにちは、井上です。

本日は九州リゾートにて
年に一度の大工道具などの金物屋(大平)さんのゴルフコンペ。

同業者様や建築関係の方など40名ほどで、皆さん上手!

こうなれば、チカラ任せに打って前に進むしかないと
本当にチカラ任せに打っておりましたら・・
やってみるものです。
スプーンで272ヤード打ってドラコン賞いただきました。

ドラゴン賞。

コードレス掃除機と脚立。
しかも現場用です。

しっかり日当分をいただいた気分で
しっかり出稼ぎに行った気分です。

■10月29日(水)仰木です。

皆さんお疲れ様です。
今日はお休みですので遠賀川上流に出撃しました。

いきなり行ってもやはり厳しい遠賀川でした。
キロアップを含め6本。


6本のうち4本は僕!と、うるさい辰と馬場ちゃん。
 
でも釣りばかりしていられないのも現状です。

休みの日には
すり鉢かかえて嫁をヨイショ、ヨイショ。

午前中で釣りをやめまして

お昼ご飯を食べにお好み焼きのドングリコロコロへ。

モツデラックス。

肉をかみ切る事も出来なければ
麺をかみ切る事も出来ない息子。

よく大きくなったものです。

■10月28日(火)次は

棟梁、何の施工を始めたかと申しますと


辰チンも
歯を食いしばっているのかニヤニヤしているのか分かりませんが


小杉クンも同じ事してます。


なぜなら
大きな6連サッシも2つあるからです。


装着!

上下並べてみると


けっこうな迫力になりました。

辰チンの髪が伸び過ぎて
うちの祖母のよう。

■10月28日(火)昨日のもう一つの

巨大サッシ。

実は2枚あったのです。




なんと見晴らしの良い。

外から見ると

2階の右部屋、こんな感じです。


1階左の丸い窓のある部屋では
 
アマガエルとご対面。

軒裏には逆さになってよくいるのですよ。

狭い所が好きなアマガエルは

なかなか愛嬌があります。


人が近づいてもあまり逃げない理由は
アマガエルは葉の上では緑色に、枝の上では灰色っぽく変化します。

せっかく保護色になっているのに動けば目立ってしまうので
ダルマさんが転んだ状態なのです。

(いえいえ、とっても目立ってますよ)

気分はカメレオンのご様子です。

■10月28日(火)こんにちは。



八幡の現場です。


昨日の巨大な6連ボウウインドウサッシ。



仕入れ業者さんにとっても、国内初輸入という事で


海外デビューです。
スカウトしてきましたので、特別プロデュースをこのたび行います。


はい、
では早速、大事に養生ですね。


私達が現場でいう養生とは

・柱や梁など軸組を組み上げてから木材が収縮・乾燥するまでの期間。
・落ちつくまで放っておくというように、工程の中で一見何もしないで時間の経過を待つことも養生。
・すでに出来上がった部分が傷付かないように保護する事。
・打ったコンクリートやモルタルが硬化作用を十分に発揮するよう保護する作業も養生です。

■10月27日(月)大きいですね〜

もう一つの大変なモノ。
巨大 FIX サッシ。

棟梁 「よし 運ぶぞ〜 若いのチカラ出せよ〜」


仰木親父「何を言うか、まだまだ 若いのよりチカラある」
セイヤ 「腰は大丈夫?」
仰木親父「たぶん」


仰木親父「よし 辰 いくぞ〜 お前がミスしたら一巻の終わりやど〜」
辰   「腰は大丈夫?」
仰木親父「たぶん」








小杉 「重い重い! 早く誰か来て〜」


井上 「すでに5人いるよ〜」


それ以上の人数出せません!

■10月27日(月)仰木です。


さぁ
小杉さん。

今日は何弁当?



井上弁当かい?


じゃ今日はとっとと食べちゃいましょう。


カールのおじさんと井上おじさん。

どちらが先に生まれ
どちらが真似をしているのか分かりませんけどね〜。


■10月27日(月)井上です。


待っていたものが到着です。



6連サッシ到着です。


棟梁、梱包の板をバリバリ外しながら
「大きいな〜、これは大変やな〜」


大変ですよね〜。

■10月27日(月)仰木です。


また凄い物がやって来ました。


梱包が頑丈で
本来の大工職人としての逆バージョンをやっております。

クギを抜いて
バラしてバラしてバラバラに。



まだ何も始まってないのに



汗だくとは、どういう事ですか!


中身の正体は
6連 ボウウインドウサッシです。


とどまる事を知らない私達は


どこへ向かっているのでしょう。

■10月27日(月)おはようございます。


井上です。
見学会、無事終了いたしました。
お越しいただき誠にありがとうございました。
また、ご協力くだいました施主様、感謝の一言でございます。

良い施工・新しい施工を取り入れ、少しづつでも進んでいく事が
全ての施主様への恩返しと思っております。
必ず良いものを造り続けてまいります。


小杉クン一家も見学会に
 
小杉サンの勉強視察見学会として登場してくれました。

勉強熱心小杉サン。
この後、中間の現場と八幡の現場にも視察&見回り隊として出陣して行きました。
頼りがいがあります。


お客様からは差し入れをいただきまして

久しぶりの生ミカンに興奮。


では、鏡餅の上にミカンを乗せるのはなぜ?

それは「だいだい色」だからです。
だいだい色=「代々(だいだい)家系がつづきますように」と子孫の反映を願うために
ミカンを供えるようになったようです。

ちなみに、鏡餅の形が丸いのは家族円満の願いを込めている為です。
言葉を引っ掛けているのですね。

では本日もよろしくお願いします。

■10月25日(土)こんばんは、井上です。


本日の見学会、ありがとうございました。





久しぶりの見学会に新鮮すぎる緊張感。
お客様にリードしていただき、とても楽しい時間でした。


そして、可愛い訪問者様も。
半年前の4月末日完成のK様邸のお嬢さん。
とても嬉しかったです。

施工中は、子育てベテランの職人達が
逆に遊んでもらっておりました。
 
カメラを向けると、いつもナイススマイル。

それなのに、有頂天になり過ぎて今日は写真を撮り忘れました。
皆からは「せっかく日記に花を持たせるチャンスだったのに!」と散々な目に・・

でも、半年たってます。
女の子だから写真は慎重に。
掲載NGかも知れないでしょ!と反発しましたら、
豚に真珠と言われ、もう役立たず呼ばわりです。


施主の皆様。
雑誌やホームページ掲載・見学のご協力、誠にありがとうございます。
本当に皆様のご協力のおかげで職人一同、忙しく仕事をさせていただいております。

良いと思うものには吟味に吟味を重ね
新しいものを取り入れてまいります。

今回の直方のセルロース断熱施工も、何が良いのか、どう良いのかと
調べ尽くすまで長い期間かかってしまいました。

猛スピードでは進めませんが
当社で家を建てられた事を他の方から
「井上技建で建てた?ふ〜ん。」ではなく
「井上技建で建てた?良かったね。」と施主様が言われるよう、
これから先の家づくりも、きちんとした意味意義を持って、
いつでも自信を持って堂々と説明できるような新しい取り組みで
おこなってまいります。

本当にありがとうございます。

■10月25日(土)仰木です。

皆さんこんにちは。
馬場山の現場です。

一番高い屋根の軒裏施工です。
 

『屋根』って、一番高い所にあるのに、なぜ『根っこの根』なのでしょう。

それは、ただの当て字だからです。
大昔「ネ」とは、てっぺんや頂(いただき)の事を指していました。

だから 屋(ヤ)の てっぺん(ネ) → 屋根
    家(ヤ)の てっぺん(ネ) → 家根

『高嶺(タカネ)の花』のネも同様です。
そのせいか最近では『嶺』が常用漢字ではないことを理由に
『高嶺の花』から『高根の花』と新聞でも書かれるようになりました。


『高嶺の花』と『高根の花』

なんだか全く違う感じがします。

■10月25日(土)井上です、おはようございます。


今日と明日は完成見学会です。
 

 

ガチャピン・ムックも到着。   前にならえっ、と並べておりましたら
 

業者さんから嬉しいお花が。
 
あらゆる物を並べ、お待ちしております。


良いお天気です。
では秋晴れと小春日和の違いとは?


秋晴れとは、寒くても暖かくても秋に晴れていることが秋晴れ。
小春日和とは、秋に気温もぽかぽかして陽気な日のこと。

小春日和の時期は春ではなく、晩秋から初冬にかけて。
この陽気な日が春に似ていることから小春日和と言われるようです。

二十四節気での秋は 8/8〜11/7。

その秋を細かく分けると
初秋・・・立秋 8/8〜
仲秋・・・白露 9/8〜
晩秋・・・寒露 10/8〜


一年が早いです。
もう冬がやってまいりますよ〜。


もうお正月ですね!

■10月24日(金)仰木です。

南区邸と中間邸の準備を進めながら





八幡では軒裏施工中です。


この貼り方も楽しくて好きです。


アップ。

今まで裏方だった軒裏も
手間をかけてあげれば、光を得ます。

シートの中で小杉君も面白い施工をしております。

ショータイム?


■10月24日(金)


セルロース断熱材を福岡のコンテナまで取りにきています。
大量です。

そして平均年齢 高め。

体力の限界を超えると
体力の全快を迎えるようで
井上親父職人、もう笑顔です。

「今まだ、ここにない笑顔」をつくり上げるため

中間と八幡の現場に出荷です。


明日(10/25)と明後日(10/26)は、いよいよ見学会です。
お気軽にお越し下さい。

少しでも木の質感を味わっていただくため
スリッパではなく、大きな靴下を用意しております。

靴下やストッキングの上から、お履き下さい。
もちろん新品ですのでご安心を。

足裏が木の感覚を敏感に察知してくれます。

足裏は床や地面との唯一の接点です。
床や地面の情報は足裏にある感覚器が察知し、脳に伝達されますので
体にも良い効果が発揮される事を期待します。

お天気も良いとの事ですので安心してます。

■10月24日(金)井上です、こんにちは。

八幡の現場です。


外園くんも大忙しです。
エアコンの隠ぺい配管をしたり


床下に潜り込み、床だし照明の配線をしたり
キッチンの特殊照明の配線位置を決めたり。

色んな人に拘束されています。


そして
こちらの変木には小人が住みます。

3家族も。

と、言ったら皆から
「また社長が何か変な事言いよるど」

いえいえ、何をおっしゃいます。
遊び心は大切です。

絵心なし職人。

このようにちゃんと窓まで設置し
小人のため、中に明りを灯さなければなりません。

外園くん「小人?住む?電気を中に?どうやって?」

・・・・
あなたが考えて下さい!


棟梁「はいはい、小人さんの家ですね。はいはい、わかりましたよ。」
さすが棟梁。

話が早いものです。
これで変木照明を作ります。

■10月24日(金)仰木です。

皆さんこんにちは。

本日、中間の現場は

サッシ搬入が遅れているため

馬場山の現場に全員集合です。



秋はどんぐり。
どんぐりが頭に直撃する季節になりました。

ではドングリの木ってどんな木でしょう?

実は、ドングリの木はありません。
でも、ドングリの実のなる木はたくさんあります。

ナラ類のカシワ、クヌギ、アベマキ、ウバメガシ、コナラ、ナラガシ ワ、ミズナラ、モンゴリナラ
カシ類のアカガシ、アラカシ、イチイガシ、ウラジロガシ、シラカシ、 ツクバネガシ
マテバシイ類の木の実はどれもドングリです。

わたしたちの子供の時は、ドングリでコマをつくったり、
意味もなく集め回ったりと遊びの材料でしたよね〜。


たまに中からモジモジ虫が出てくるので
女の子は心を強く持って遊んで下さいね!


■10月24日(金)


朝から
大分県に材料を取りに行っていました。


早朝の綺麗な朝日に目をとられ、見つめ過ぎて


予定より2時間遅れで帰って来ました。



そして先日、直方の現場にお越しいただいた大先輩の職人社長。


本日は私が大先輩の現場へお邪魔しておりました。

「良い施工は盗み盗まれやっていこう。」と、
とても大きな先輩です。


早速可愛いモノ発見です。

なんでしょ?

はい、トイレのカギです!
温かさとデザインがなんとも面白い。
こそっと写真を撮ったりしてスリルも味わってまいりました。

■10月21日(火)こんばんは、井上です。

八幡の天井です。

穴が開いているのはエントツ穴です。

勾配(こうばい)天井にし
セルロース施工の準備をしております。


エアコン配管は

天井裏隠蔽(いんぺい)配管です。


そこで隠蔽配管のメリット、デメリットです。

メリットは
1.外壁に配管が出ないので見た目がきれい。
2.自由に配管出来るため、不用意な位置に室外機を置くことがない。
3.外壁に穴を開ける必要が無くなる。(開口時のトラブル防止)
4.エアコン交換のたびの配管工事が不要。

デメリットは
1.配管の曲がりが多い施工をされると効率が落ち、液漏れも発生しやすい。
2.初期費用が高い。
3.エアコン買い換え時の値引率は悪い。(標準工事費の値引き率も悪い)

外観はスッキリさせたい、
室外機を置く場所が限定されている、
長い配管を振り回さなければならない、
といった場合は、隠蔽配管はメリットが高いと思います。

しかし、標準工事費付きと謳われている4m内外の配管長で済むのであれば、
露出配管の方が工事費ははるかに安いと思われます。  

全てをどちらかにしようとするのではなく、適材適所で考えてみるのも良いのではないでしょうか。


■10月21日(火)井上です、こんにちは。

中間の現場です。
遮熱透湿防水シート施工も終わり


軒天(のきてん)下地工事開始です。


こちらを見て、笑う仰木親父職人。

いつも優しい笑顔です。

もう一人、目を突かれそうなほどの
清々しい笑顔の何かの営業?の方が来られました。
「こちらのおウチの方いらっしゃいますかぁ?」と。

住んでません。
だって建築中やよ?!

最後も笑顔で去っていかれる面白い方でした。


■10月20日(月)仰木です。


今日も皆様おつかれさまでした。

福岡市動物園の10/12に生まれたてのカワウソの赤ちゃん映像見ました。


カワウソは家族全体で子育てをするそうで
赤ちゃんがモソモソしながらお母さんのベットから這い出ると
同じ部屋にいる、こちら↓の兄姉が

首が座ってない赤ちゃんを抱くように両手で抱っこし、
お母さんに赤ちゃんを手渡しておりましたよ。

とても感動しました。
家族愛ですね。

我が家でも同じような光景が繰り返されております。

今夜は

家族皆で一日遅れのバースデーパーティーをしてもらってます。

カワウソ家族にも引けを取らない家族人数ですので
ケーキは2つ。

2ヶ月に一度のサイクルで行われる
誰かと誰かのバースデーパーティー。

ケーキ屋さんに行くと
阿吽(あうん) の呼吸で用意してくれます。

幸せです。

■10月20日(月)お弁当とは

小杉さんが「最近、いろんなお弁当を作っても旦那がビックリしてくれない。
      驚かせたいのに・・」

そんな驚かせたいという一心を込めたお弁当が

・・劇的に登場しました。

■10月18日(土)井上です。


八幡からこんにちは。
屋根上の突起はエントツです。


内部では出番待ちの窓が順番に


それぞれの居場所へ納められ

個性的な窓づくりが始まっています。

こちらにも個性的で可愛いドアを取り付けております。
 

本日は木造住宅の日。
木造住宅の理解と関心を高める日との事ですが
同じような事を10/8にも書きましたような。

それと
冷凍食品の日なのだとか。

レンジで温めて食べれる。
なんて便利。

最近はコンビニなどでおにぎりを買っても
「温めますか?」
素晴らしいサービス精神でございます。

普通のパンを買っても
「温めますか?」
いいえ、袋が破裂するので結構です。

唐揚げを買っても
「温めますか?」
いいえ、保温器の中の唐揚げですので結構です。

じゃあ・・おでんを買ったらなんて言われるのだろう。


そして 森のたまごの日。    
以前、たまごダイエットというのを耳にした事がありますがその詳細は
長く長く長い時間かけて茹でた卵は太らないそうです。

しっかり固ゆでした卵は
とても消化が悪く、胃液がこれを分解するために莫大なエネルギーを必要とするからだそうで
そのエネルギーは、卵が持つカロリー以上。
これが理由になっているようです。

しかしその前に
そんなに消化が悪くて、胃は大丈夫なのでしょうか。

では、
しゃっくりの止め方講座。
しゃっくりは人差し指を耳に入れ待つこと30秒〜1分間。
医学的根拠のある方法との事です。


■10月17日(金)こんばんは。

八幡の現場です。
昨日、出番待ちをしておりました、こちらの窓と


こちらの枠。 


ピタッと合体です。


棟梁は一時停止。

大事な時間です。
次の作業の設計図を頭の中に広げ
1から無数の段取りを確認してます。

大地さんの頭がCADなら
棟梁の頭には、知識抽出・解析系ソフトがインストールされております。



普段はこんな棟梁ですが


はい、こんな棟梁なのですが


とんでもない棟梁なのですけどね・・





では、さきほどはめ込みました、窓を外から写してみました。

なかなか良い感じす。


■10月17日(金)こんにちは、井上です。

お茶くみ職人イブキ。

本日も元気いっぱいです。


イブキ〜、今日は何して遊ぶ?
「あのね、 あのね、 あのね、」

この後が続かない・・
 

イブキ〜、お腹へってない?
「あのね、 あのね、 あのね、」

やはり続かない。


イブキ〜、あのね、あのね、って言ってくれる?
「あのね、 あのね、」

あのねのね。

いつも助手席に乗せておきたいタイプです。


そんな紅葉ドライブの季節、秋ですね。

今日の歳時記  『紅葉(もみじ)』
秋になると大体の落葉樹は赤・黄・茶色などに色づきます。
その種類は多いですが、中でも綺麗なのが楓(かえで)です。
一般に新緑にすぐれた土地は紅葉にもすぐれていますが、
秋も深まり霜がおりるようになると紅葉は一段とあざやかさを増します。


楓(かえで)

建築の木材としては高級材で、木の質感がとても映える材質です。
また広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくく丈夫です。
紅葉としても木材としても私達を楽しませてくれます。


■10月17日(金)仰木です。

皆さんこんにちは。
お昼のお弁当です。

妖怪ウォ〜ッチ。

食べてる人が妖怪のようです。

ご近所さんで有名な妖怪は塗壁(ぬりかべ)ですね。
遠賀郡の海岸地方に伝わる妖怪。

この壁は漆喰塗りの様です。


今日は雨でもなく風もないので

我が家のハメハメハ登場です。

あまりの太陽光にタジタジしております。

でも
何があっても
まぶしくとも
上を向いて歩くのですよ。

たとえ電柱にぶつかろうとも。

■10月16日(木)井上です、こんにちは。

大地さんと打ち合わせしております。
頭の中は3D。

大地サンが人でなければ
CADを内蔵しているパソコンです。

自身で歩いてくれますので持ち運びは楽ですが
カチッと固まる時間はやはりあります。

一を言えば
精密な検索結果を口から出し

話かければ「ちょっと静かに」と命を下され
手の平で転がされ
少し寂しいので
大地サンの髪の毛の中に
消しゴムのカスを投げ入れております。

本日の辰さんは

ドーモでおなじみの小雪さんとツーショット。

遠賀川でエリート5というバス釣りイベントのお手伝いです。

9月に入ってからは
みんな日曜日も作業をしてくれていたり
遅くまで仕事をしてくれていたりと頑張ってくれておりました。

休める時には思いきり休みを取り
思い切り遊んでほしいです。

だから仕事も楽しめるというものですね。


■10月16日(木)仰木です。

皆さんおはようございます。
今日は、馬場山の現場です。

少しづつ新しい取り組みが始まっておりますので
今回は輸入サッシです。


なので変な緊張感ですが


あら、お城風でオシャレです。

もし誰か知らない人が
「オシャレな扉ね。どんなオシャレな人がいるのだろう?」と開けられましたら

開けてビックリ。
中にいるのは私達です。


■10月15日(水)こんにちは、井上です。

八幡の現場も


だんだんと賑やかになってきております。
 

やってまいりました。
玄関、サッシ搬入です。

今までとは雰囲気が違いますよね。
少し違った家づくりをいたします。

『一生涯、本物をつくる職人であれ。』を胸に
生涯、職人で良かったと感じられるように
新たな可能性を追及していきます。

脱皮できないヘビは終わりです。

急がずとも、ゆっくりでも、止まらなければ結構進みます。

■10月15日(水)仰木です。


皆さんおはようございます。

今日は中間の現場です。

台風も過ぎていきましたので
今日から、瓦ふきも始まります。

台風一過。
子供の頃の解釈は 台風一家でした。
台風はみな兄弟という解釈です。

秋晴れの中、今日もがんばります。


■10月14日(火)井上です、こんにちは。

保険屋さんからメールがきました。
「印鑑をいただきに、第6水曜日に伺います。」

第6水曜日。
そんな未来もあるのですね・・

しかしこの保険屋さん、
契約変更などをお願いすると
「アイアイサー。ガッテンの承知の助です。余裕のヨッチャンですね。
 やってみそってダメだったら許してチョンマゲですけどね。」

・・・
実に面倒です。


そして
「ガビ〜ン。最近娘に嫌われている気がする・・ゲロゲロ。
 年頃になればそうなるのは当たり前だのクラッカーとはいえ
 おセンチになりますね。トホホ。でもガンバどえーす。」

・・・
娘さんは間違ってないです。



八幡の現場では

こちらは勾配天井の遮熱シート貼りをしておりました。
この間にセルロース断熱を吹き込みます。

今夜からとても冷え込むようです。
朝は12度くらいまで。
特に飯塚市周辺で8度まで下がる所もあるそうです。

夜に向けて暖房器具のご用意を。


【ご質問コーナー】
Q 玄関ドアの内開きと外開き、何か言い伝えや意味はあるのですか?

A 内開きのドアは「人を招き入れる」
  外開きのドアは「雨や風、外敵から身を守る」という意味があります。

  でも日本では、内開きドアだと玄関が狭くなるから外開きドアにしたり、
  家主様の趣味で内開きドアにしたりと様々です。

  日本のホテルなどでは、外開きドアだと災害時の避難経路を妨げられる為、
  また、人を招き入れるという意味を大切にしていますので内開きドアが多いようです。


■10月13日(月)井上です。

台風の中、倉庫に到着。


時速20キロしか出せず
強風が真正面からきておりました。

この達成感は
白組の北島三郎さんのあの強風の紙ふぶき感がただよう様でした。

色紙で鼻の穴が詰まってしまうのは
さぞお苦しいかと思います。


こちらは倉庫の内部です。

ここで木材を保管し、
10年・20年以上乾燥させている木材も今か今かと出番を静かに待っております。

それぞれの一番優しい表情になった時を見極めて
その一枚に手をかけ加工をすると「ありがとう。」とばかりに
手をかけた以上の姿を見せてくれます。

生きている自然の力です。
感情も持っているのですね。

■10月12日(日)こんにちは、井上です。

ただいま八幡の現場です。


先日こちらにやってまいりました
巨大なヒノキの変木が


今ではスッポリおさまっておりますが

このような大きな木は
横から見ても気付かない程度の傾きを前につけます。

正面から見た時の
木の表情・立体感・美しさを出してあげるためです。

ずっと輝き続けてくれます。


■10月12日(日)仰木です。

皆さんおはようございます。

ジッとしていられない私達は

上流にて釣っております。

こんなお天気ですが

テトラは人で大賑わいです。

一匹目。


2匹目。


余計な事は考えず集中したいのですが

横で

君たちは兄弟なの?

こんな事ばかりされるので
集中できません。


■10月11日(土)こんにちは、井上です。

本日は
薫くんと打ち合わせ。

「ばっちぃー!」

と、
まだオムツですがトイレの役割は解っておられます。

このままゴルフに行けるのじゃない?
と思わせるほどのポロシャツ姿はプロゴルファーパパとお揃い。


食べて〜


飲んで〜


まだまだ食べて〜
 

あれま・・


そして

ご機嫌さん。

本日もこの笑顔にロックオンされ
打ち合わせの内容をほとんど覚えていないという失態です。

■10月10日(金)こんにちは、井上です。

同業者の大先輩社長。
やはり大工職人でありながら、漆喰塗りのプロでもある、なんでも来い!の職人社長。

その社長が直方の現場に見学へ。

さすがに、じっと見る所が的確です。

「ほー、こんな細かい事したとね?」
 はい。

「ほー、手間がかかったやろ?」
 はい。

「ほー、職人さん、ようやってくれるね」
  はい!


井上技建の命。

わぁ 怪しい。


■10月10日(金)仰木です。

皆さんおはようございます。


今日もいいお天気。
とても台風が近づいているとは思えない天気です。


中間検査に向け現場は進んでおります。


台風が来る前に外部を包んでしまいます。

■10月8日(水)仰木です。

中間の現場は棟上げです。

屋根まで終わりました。

お弁当をいただいたので、みんなで美味しくいただいてます。

無事に棟が上がったことを感謝し、


建物と工事の安全を願い

こちら中間も良い家を造りあげます。

■10月8日(水)井上です、こんにちは。

本日
爽やかな秋晴れの中
無事に棟上げの日を迎えられ全てに感謝です。

ご主人様からも 素晴らしいお言葉を頂き

こちらの現場でも
施主様ご家族が喜んでいただけるような施工を何でもします。

そして棟梁も感慨深げに
同じ事を考えていたのでございます。


竣工後も建物が無事であるよう願い

棟梁と小杉クンのこの笑顔を見ながら

いただきます。


■10月8日(水)おはようございます。

本日10/8は十と八で木の日です。
木造住宅や木の良さを見直す日なのだそうです。

癒しと抗菌をもたらす木々。
たとえば、柏餅や柿の葉でくるんだ押し寿司も
これらは昔の人が培ってきた、食べ物を腐りにくくさせるための知恵です。

人々を癒す。そして人に害を与えるものは寄せ付けない。
それが森、ひいては木のチカラです。
古来から恩恵を受けてきた木々について、ちょっとご紹介。


当社が得意としております、
・檜(ひのき)

昔から仏像や神殿をはじめとした建築に使われてきた高級資材です。
注目を集める華やかな舞台のことを「ヒノキ舞台」といいますが、
これはもともと高級なヒノキで作られた舞台のことです。
保存性に優れ、湿気取り、防虫効果があります。
また香りには、消臭・防虫・殺菌・抗菌作用に加え、リラックス効果、ストレス緩和、安眠作用もあります。
世界最古の木造建築の法隆寺が、もう千三百年を生きてビクともしないのも檜造りだからです。




・サクラ


広葉樹ですので材質がしっかりしていて重く、 衝撃や圧縮にも強い特徴を持ちます。
硬質でしっとりとした肌触りです。




・杉(すぎ)

すっくと真直ぐ伸びる「直木」から名前がついたといわれている杉の木。
材木として昔から重宝され、縄文時代の貝塚の遺跡から杉の丸木舟が見つかるなど
その歴史は古く、現在も木造建築に幅広く使用されています。




・松(まつ)

木目がダイナミックな松。


では松竹梅とは?

松は、常緑樹(1年以上落葉せず、しかも交代に新葉をつけるので、いつも緑葉をもつ樹木)で
冬の厳しい寒さにも耐え、尚且つ樹齢も長いことから
古くから 「不老長寿」として縁起の良い木といわれています。

竹は、寒さに負けずに成長し
梅は、冬に花を咲かせることから、この生命力にあやかろうと慶事によく使われる樹木となったようです。

お正月にみかける門松にも「松」「竹」「梅」の縁起を担いで取り入れられています。
ちなみに門松は正月に訪れる歳神様が天から降臨する目印として、玄関に飾られます。
神がその木に降りてくるのを「待つ」ことから「松」になったという一説もあります。

■10月7日(火)中間の現場から。

明日の用意に向け


セイヤさんも


馬場ちゃんも

オケツを叩かれながら頑張っております。

お昼過ぎには

ほとんど立ってしまいました。
     
明日は秋晴れとの事。
10月8日 水曜日 大安。
いよいよ棟上げです。   


■10月6日(月)井上です。

中間の現場。
朝一の土台搬入と防蟻施工後は

さぁ
いよいよ棟梁登場です。


一番弟子、小杉クンも入場。


そして
全てを把握する解析頭脳を持ちつつある辰チンもいよいよ到着です。


明後日はいよいよ棟上げです。

■10月4日(土)こちらは

中間です。
基礎立ち上がりの生コン打ち完了です。


ビニールを被せて

大事に大事に養生期間中です。

八幡の現場では窓開口。

右手前の柱は

先日、手作業で加工いたしました 390角6mの巨大柱 です。
 

中に入れるのも


やっとこさ


どっこいしょでしたが

すでに堂々と馴染みつつあります。

次は壁にセルロース断熱噴射です。

■10月3日(金)続きまして

続々と完成しております。

先日の、倉庫で10年間乾燥させ
片手で持てるくらいになりました杉の銘木も


直方邸の二階のキッチンカウンターとして第二のスタートです。


自然環境と自然素材の温度調節が始まっております。

生きています。

夏暑くなく、冬寒くない家。


冬の暖かさのため、木が呼吸を整え、また表面温度を下げないように施工します。
室温が同じ20℃でも、床・壁・天井や窓の表面温度が低ければ寒く、高ければ暖かく感じます。

また同じく、
夏を涼しくするためにも、木の呼吸が整い、日射などにより表面温度を上げないよう施工。
室温が同じ28℃でも、床・壁・天井や窓の表面温度が高ければ暑く、低ければ涼しく感じます。

分かりやすく申しますと
鉄で出来た家だったら、夏も冬も大変ですね。

■10月2日(木)こんにちは。

当社の偉大な
お茶くみ職人いぶき氏。

南の島の大王ハメハメハの子供のように
風がふいたら遅刻して
雨がふったら休みます。

だから鞍手の施主様にいただいたクッキーを
お父ちゃんに持って帰って来てもらいました!



いただきま〜す。



おぉっ おぉっ おいしい〜


「大好きなクッキーありがとうございました。
 仰木いぶき 2歳と3ヶ月です。
 よかったらよろしくお願いします。」

ずっと
 
食べてます。

■10月2日(木)井上です。


お昼休みです。

本日のお昼の実況は
私、井上がお届けします。

「小杉くん。お昼ごはんまだ?早くお弁当箱開けてよ。
 ねぇねぇ。早く見せてっ!」

などと、金魚のフンのようについて回り


でました。

ルイージさん?
小杉クン?

そっくりですよね?



「次はどこ食べる?」
「頭?」
「耳?」
「もしかして目?」
「ルイージかわいそ〜ね〜」

と、 ずっと横で言っておりましたら

最後まで顔が残ってました。

■10月2日(木)井上です、おはようございます。

いよいよ八幡の現場にて
セルロース断熱施工始まります。


まずは
床下にビッチリと噴射。



噴射とは、このことです。(こちらは前回の直方での写真)

隙間などできずビッチリ埋まります。

木の繊維でできた紙で出来ているので
もちろん無臭。
もちろん無害。

そして国土交通大臣により
防耐火構造であることが認定されている断熱材ですので
 (8/5の実験写真)
また、煙が有害物質を発散することはありません。
頭からタップリかぶっても平気です。

ね、辰チン。

「におわな〜い。」


■10月1日(水)こんばんは。

直方に本格手作りアイロン台。
 

こちらのお部屋はクローゼットも兼ねた


広い家事室にもなります。

アイロン台の他にも
椅子を置いてレシート整理や家計簿つけ。

秘密基地になれますように。

■10月1日(水)またまた

完成間近の直方から中継。

廻り縁(まわりぶち)の三段落としが
なかなかの立体感。

「ここに住みたいな。」と言ったら
「不法侵入で連行しまっせ。」と皆に冷たく言い放たれました。


こちらにもステンドガラス。


こちらにも。


こちらにも。

かなりの採光を取り入れる事ができます。


たった今、日記を書いている途中に電話が。

『あ、山中様の携帯ですか??』
「いいえ、井上でございますが。」
『あ、山中様?でよろしいですか??』
「いえいえ、井上ですよ〜、井上。」
『あ、山中様ではないですか!?』
「井上です。」
『あ〜申し訳ありません、山中様ではないのですね〜。』
「井上です。」
『あ〜すみません、山中様の番号と思ったのですが・・』
「だから井上です。」

このやりとりが15回ほど続いたので
もう山中様になってもいいと思いました。

■10月1日(水)続きましては

完成間近の直方です。

どどん。


もちろん無垢の吉野杉をつかいまして


可愛い小窓もつけまして


引戸の建具を玄関に。
 

■10月1日(水)井上です、こんにちは。

中間では
ベタコンクリート打ち開始。
 

 

10月 よい季節になりますね。

こちらの現場は
いよいよ来週上棟です。


アーカイブ

2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻の家・ひびきの
エイジングの家・宮若
洋の館・八幡西
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
シンプルモダンの家・祇園
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報