職人の一言日記  2015年11月

2015年11月26日 木曜日
古賀施主様邸
彫刻と木の家・古賀

古賀の現場では整地を進め、


管工事にも入りました。
 

工事音も激しくなってきましたが
ご近所様の温かなお言葉とご協力をいただき、どんどん進んでおります。


おかげ様で来月12日に棟上決定いたしました。

奥様は暖かい洋服でお越しくださいね。
寒さを我慢するとチカラが入ってお腹に負担をかけてしまいます。
良ければお布団をかぶって来ていただきたいです。

今日は田川の英彦山でも雪が降ってましたし、これからドンドンと寒くなります。
そしてあっという間に師走です。

と、
先程、コンビニの肉まんで冬の到来を悟ったのであります。

秋を感じたのも落ち葉ではなくコンビニのおでん。


食いしん坊の得意技。


2015年11月25日 水曜日

彫刻の家・八幡

資材置き場の横にアパートを建てているのですが
実はそこの一室の住人さんと両想い。


材料を取りに行くと家から慌てて出てこようとしてくれます。



猫好きにはたまらないアピールですよね。

猫と暮らされている施主様もたくさんおられますのでお解かりになると思いますが
とにかく猫は上が好き。

とりあえず上へ上へと登っていかれてます。

お母さん、クッション用意!


チラシ一枚の上にも乗りたがるものでして、可愛い顔を見せてくれると思いましたら
 


寝顔が


どうなんでしょ・・



さて、そんなキャットウォークも設置されている八幡の彫刻の家では
 

本日撮影をしていました。


シティー情報福岡さんから
『本に掲載してあげようか?ん?』とのお誘いを受けていましたので
今回お願いしてみる事に。




撮影風景を見ていると、

この彫刻の家と辛子色のタイツが見事にマッチング!

辛子と辛子レンコン以外の辛子色なんて
今までお目にかかった事がないような・・?

合わせていただいたのですね、ありがとうございます!
どのような記事になるのかも楽しみです。


2015年11月22日 日曜日
ゴルフ
総無垢の木の家・鞍手|趣味の話

今日は鞍手施主様と坂崎君とゴルフへ。


と、言いつつ、
このようなテンションの施主様と坂崎君を見ていると・・


ゴルフに来たのか、ビールを飲みにきたのか分かりません!



さてさて、ビールを飲み過ぎてしまった鞍手施主様の後半成績はどれでしょう。


施主様方、お分りになりますか?

はい、そのとおりです!

そうなのです、
飲み過ぎとは、得てしてこういうものです。

また次回もそのお姿、楽しみにしております!



そしてその後は施主様邸でハンモックを設置。
巨体が乗っても大丈夫かチェック開始。

ググッと重みをかけ、



ぐるぐるぐるー!



結果 酔う。



出待ちのユヅちゃん、お待たせ〜。
  
さっそく子供力アップ。
これで家の中でも大きな声を出して遊びましょうね!


2015年11月21日 土曜日
小倉施主様邸
総無垢の木の家・小倉

内部では内装用の部材切りを総出で行っています。



こちらの檜では廻り縁を作ります。



廻り縁とは天井と壁の複数の面が接する部分に設ける縁の事です。

天井と壁の際をぐるりと廻りますので廻り縁。



一方、棟梁は施主様と収納棚の打合せです。
この板木はこれまで倉庫で何年もかけて乾燥させた杉。

愛着があるようで棟梁にも熱が入ります。


『これだけ乾燥してますよ〜!』

『凄いでしょ〜』

施主様に対して『これでどうです!』感が否めない必死のアピール。
どした?棟梁・・


挙句の果てには

『ほら〜、こんなに軽く乾燥させたのですよ〜』と持ち上げる始末。


棟梁?施主様はもう十分解っておられますから。


こういうのを何と申しますか
「タバコを吸わないのに煙たがられる人」と呼ぶのでしたよね?



その熱い思いの全ては施主様と、木を愛するあまりの行動ですので
完成後も末永〜く棟梁と私共の事をよろしくお願い致します。


2015年11月16日 月曜日
比翼入母屋造
総無垢の木の家・小倉

基礎の立ち上がり部分の巾木塗り。
 


そして、いよいよ足場を撤去しました。





グィッと反らせた屋根には、同じように反らせた照り樋を付けます。

直線的な樋だと屋根の形が台無しになってしまいます。



また、檜八寸角の玄関柱と壁の焼杉を調和させるために
 

立ち上がりの仕上げに乱形石を使い、両方の色を入れてみました。


青のビニールシートや派手な赤の幟が調和を邪魔しているのが残念無念・・

乱形石を全部埋め込みますとかなり良い雰囲気になると思います。



そして、内部はと言いますと
 

またまたやってま〜す。
 
凄まじい数のタイル作り!
辰さんは網代張りが好きなのですね〜。

まだまだ百枚単位・千枚単位で作らないといけないのであれば
この言葉を思い出してほしい。

『努力とは力むことではない、誠を積み重ねることである』


そそ、どんどん積み重ねて下さいね。


テーブルは広いよ!



続きまして
先日テーブルを再利用して雛人形の棚を、として載せていたこちらの紫檀ですが


切断していた片方も綺麗に削りまして、先に玄関棚が出来上がりました。


良い意味でかなり年季の入っていた紫檀テーブルですが、
さすがは銘木です。

重硬さも耐朽性も全く変わらず、
これからも家と一緒にずっと生き続けてくれる事と思います。


2015年11月16日 月曜日
地鎮祭
総無垢の木の家・芦屋

遠賀の現場では地鎮祭を行いました。
  

鍬入れの儀は、こちらの『立砂』を中心に進みますが


大きな掛け声と共に施主様の出番となります。

この鍬入れには神霊の守護のもとで地面を掘り起こすとの大事な意味がありますので
「施主様、緊張されてるでしょうね〜」

と、
思っておりましたら

素晴らしいシャッターチャンスが。

なんと神々しい・・


顔が大きな人間が写真を撮っていると
何かと目立つようで目線もいただけるものです。

目障りな時は
ゆるキャラとでも思っていただけると嬉しいです。




さて、ここで地鎮祭について。
一番多く執り行われている地鎮祭は神職様をお迎えしての【神式】ですが
他にも【仏式】や【キリスト教式】で行う事もあります。


神式では神様を祀り、祝詞(のりと)を奏上し、
土地を利用させてもらうことの許しを得て、これからの工事の安全と家の繁栄を祈願します。

仏式ではご本尊を拝し、仏様をお招きしてお焼香やお線香を焚きお経を唱えます。
『先祖や周りの方々のおかげで家を建てる事が出来ます』という、
先祖代々に感謝する儀式でもあります。

キリスト教式は牧師さん・または神父さんによって讃美歌を唄い神をたたえます。
聖書を朗読していただき聖水を振りお清めをして、
工事の安全と施主様はじめ工事関係者が祝福されるように祈っていただけます。
(地を鎮めるという儀式ではないので地鎮祭とは言いません)


式の種類は違っても施主様家族の繁栄と幸せ、
また工事の無事をお祈りする大切な気持ちは同じです。


2015年11月 8日 日曜日
コンペ
趣味の話

第一回 Inoue・Giken ゴルフコンペ 開催。




まさかまさか、このような嬉しい日が来ようとは・・

コンペを提案していただいたのも、
幹事をしていただいたのも、
ドラコン・ニアピンなどの旗を用意していただいたのも、
始球式のボールを用意していただいたのも、
全て施主様方でした。


日本一幸せな工務店です。
本当に本当にありがとうございました。

 

 

前半を好調に終えますと
 

喉も乾きますよね〜。

でも後半戦もありますので、飲み過ぎには注意ですよ!



今日はコンペですよ?


相違!




相違と存じ・・
だんだんと日本語の使い方が分からなくなってきましたので相違なし。



はたしてその結果は・・
 


ゴルフ場による「ダブルペリア方式」にて

Net1位    大地くん
BG 1位    小倉南区施主様
ドラコン賞  小倉南区施主様
ニアピン賞  小倉南区施主様
ブービー賞  棟梁


右におられる小倉南区施主様のまばゆい笑顔でお分りになると思いますが


なんと70代であがられました!

これにより次回からは最高数のハンデの実用を検討しようじゃないの!
という動きが出てきております。



今回はまだ第一回目という事でお誘いを控えておりましたが
次回からは前もってお知らせさせていただきますので
ぜひともご参加お待ちしております。

練習を始められた施主様方もおられますので

次回は    お迎えに参上いたします。


大丈夫です。
最初はボールがティーになかなか乗らなくても


全く乗ってくれなくても


ずーっと待ちますので
ご安心下さい。



本日は楽しい一日をありがとうございました。


また次回もよろしくお願い致します。


2015年11月 7日 土曜日
日本家屋
総無垢の木の家・小倉

小倉の施主様邸の『お寺をイメージした家』の焼杉施工に入りました。





形が見えてきましたところで見学希望だった方々へ順次ご連絡。
 

業者さんの反応は『濃い〜 濃い〜』


他に感想は?と聞きましたところ
全員が一気に話し出しまして・・

『この屋根の構造ってさ、◎△$♪×¥●&%#〜!?』
『あそこのお部屋は◎△$♪×¥●&%#!?!』
『あのねあのね!◎△$♪×¥●&%#〜!』

皆さん大人なのだから順番に話しましょう!


また棟梁の輝き具合が

より一層、お寺感を出してくれたものと思います。



内部ではセルロース断熱の養生を終えまして内装に入りました。
  

杉の天井張り。
 

檜の壁張り。
 

外部は玄関ポーチ工事。
  





そして、春頃に解体先から運び出していた、こちらの立派な紫檀(したん)テーブル。


再利用すべく、倉庫で小杉君に綺麗に表面を削ってもらってましたので半分に切断。


削るとこのような木肌を出してくれました。


新しい命を吹き込むため、いよいよ現場へ。

まずはこちらでアオイちゃんの雛人形の棚を作り、
切断したもう半分は玄関棚を作り再利用します。



そしてこちらも紫檀。

これは式台様に仕入れた別の紫檀です。


紫檀の木は三大唐木の一つで
耐朽性も極めて高く、重硬で緻密なため加工が難しい木。

すかさず仰木親父職人、曲線付けの削り加工に入っています。


削る時にはバラのような香りを放ち、
削った後も少しの間香ってくれますので
一度奥様、香りを楽しまれて下さい。


ご想像と違う香りでしたら・・

申し訳ございません!


2015年11月 7日 土曜日
遠賀施主様邸
総無垢の木の家・芦屋

遠賀の現場では解体も進み
 

第一次解体工事終了。
 

土地が200坪もあり、もう一棟建っていますので
先で第二次解体工事にも入ります。
 


広〜くなった土地で
 
リナちゃんリキ君、毎日元気に運動会を開催されています。

ワンちゃんも数頭いますので
広〜いドッグランも出来そうですね。




昔から可愛がってもらっている、当社のご近所さん。
毎朝夕、ワンちゃんの散歩をしています。

小さな可愛い小型犬ですが
土佐犬のようなクサリをジャリジャリ鳴らしながらやってきます。

「なぜにそんな頑丈なクサリ・・?」
「散歩中に紐が切れて人様に迷惑をかけちゃいかんからな。
 なので大きく成長した時のために買った。念の為じゃよ」


お?
誰がどうみてもチワワのような。

しかし散歩の心得としては素晴らしい教えでした。


2015年11月 1日 日曜日
小倉施主様邸
総無垢の木の家・小倉

破風(はふ)完成。



破風とは緑色の部分の事で
漢字のとおり「風を打ち負かす」という意味を持ちます。

雨風などから家を守り防火の役目もありますが
垂木と共に重い屋根を支えてくれる存在です。

また、大昔から屋根の造形の一つとして
伝統的な寺社では細かな彫刻や細工も施されている重要な部分。
 
(熊野大神社本殿 http://www.city.fukaya.saitama.jp/index.html)



(願泉寺 http://www.city.kaizuka.lg.jp/bunkazai/gansenji_shuri/hondosyuri/hukugenkouji/hondouhahuitasyuhuku.html)



(伴林氏神社 http://kamnavi.jp/en/kawati/hayasi.htm)

破風は建物の顔の表情を決めるものとされています。



そのような破風に、鬼瓦とピッタリの色見を選ばれた施主様。

しかしこちらの鬼瓦、写真では分かりにくいのですが
どのくらい大きいかと言いますと

人と比べて
 
こんなに大きいのです。

もうアオイちゃんが『鬼』に気付くのも時間の問題です。
そして私共も今後「鬼のおじちゃん」と呼ばれるのも時間の問題になりました。
嫌われませんように・・


 


2015年11月 1日 日曜日
プレート
総無垢の木の家・鞍手|総無垢の木の家・小倉南区

鞍手施主様邸のネームプレートが出来上がりました。

Inoue・Gikenプレートとお揃いで作っていただきました。
時々ガシガシ磨きに伺います。


先週も仕入れの帰りにS様邸へ。

プレートを磨くだけでは何ですので
「ついでに駐車場のお掃除も」と思っていましたのに
やはりとても綺麗。

お留守でしたので
『変な人が来て何かしてたよ!』とご近所様にお聞きになられていたら・・

犯人はいつもの私共です。



続きまして、
いつもの芝荒らしの犯人は、懲りずに薫くん邸へ芝荒らしに。


ダフってしまいますと・・?


『庭先でどれだけ気合い入れてるの!?』

と叱られましてもですね〜・・

これぞ本当のダッフン打法!

これからゴルフを始められる施主様や奥様に伝授いたします!



しかしここ最近、寒〜い秋の日が続きますのに、


冷たいアイスクリームで口周りを汚した薫くんと
夕方になり口周りに無精ヒゲを生やした職人。

お揃いな感じです。


しかし前日まで熱があった薫くん。
せっかく熱も下がり元気になったのに
こんな寒い秋の日にズボンもはかず、半袖。


冷たいアイスを食べたうえに


そのまま外で遊ぶという暴挙に。


薫くん?
もう少しするとお母さんが帰って来るから叱られますよ〜
『なぜこんな薄着?!』って叱られますよ〜



お父さんが。

アーカイブ

2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻の家・ひびきの
エイジングの家・宮若
洋の館・八幡西
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
シンプルモダンの家・祇園
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報