職人の一言日記  2015年 3月

2015年 3月31日 火曜日
久々の日記です
井上|彫刻の家・八幡

「最近、日記を書くのさぼってるよね」と施主様からのご指摘。
続けて
「もしかして井上さんのところも、あの某企業みたいに株主総会で内輪もめして大変だったりする?
 フフフ・・まさかね。あんな大企業じゃないから、ありえないね、ワッハッハー!」

なんでしょ、この上げられて、一気に落とされる感じ。


そのようなやりとりの間に
もう桜が満開を迎えてしまいました。
 
しかし今夜から一週間、雨が続くという予報。
しかし雨上がりの来週でも、
まだ場所によっては桜を楽しめるかもしれませんね。(←もう遅い)



では現場のほうですが
この2週間で、かなり見通しがたってきました。

まずですね、仕事には準備が大切です。
とても大切です。



わあ・・ 凄い準備。

マスク仮面のオジさんは
何かと戦う気は無いようですが
もう少し普通の準備で良かったのでは?



準備という定義をとても広くとっているようですね。

仕入れ業者さんに
「棟梁さん、どうかされたんですか?」と聞かれましたので
 ひどい花粉症です!と答えておきました。


自分一人だけ完全呼吸器防御で棟梁がつくっているのは
 

角に付けるアーチ型の手すりです。



そこで、
先日林から持って帰ってきましたケヤキを
(3/15)

手すりに埋め込みまして、

ケヤキの第二の人生のスタートです。

彫刻のほうも進んでおりまして
 

 

ただいま平日は自動車学校に通っているセイヤさん。
ですので休日に彫刻のマンツーマン指導。
はい、1対1の個別指導で彫刻対策から大工補習まであらゆる目的に徹底対応。

素直さと、頭の柔らかさと、
第一に「造形をやりたい」という強い気持ちがあるので
飲み込みの早さに驚きます。

いいですね〜 若葉マークの春なんて。
現在3班に分かれて作業をしていますので
単独で移動が出来るとなると何かと助かります。

すると
「じゃあ 僕に車を! 移動に必要な新しい車をさぁ!僕に!」

・・・
なんて恐ろしい子・・・


そして勉強熱心ゆえに38度超えの発熱がある事を隠していた彼。
彫刻刀で彫ったような濃いめのこの笑顔を最後に

彼はもう・・
帰る人となったのであります・・(家に)


2015年 3月25日 水曜日
棟上げ
井上|総無垢の木の家・中間

先日、中間の現場で無事に棟上げを行う事が出来ました。
感謝いたします。

「さてさて、ゆうせい君?何をする日かわかりますか?」


そうですよね〜
でも公園では見られない、
大きなクレーン車がきますからね。待っててね。

あら〜!大変よくできました〜。
出会いの時は、あんなに小さかったのに・・

こう見ていると、子供さんの成長とは早いもので
抱っこさせてくれるのも、ほんの数年。
アッという間に大きくなられるのでしょうね〜

この凄い存在感を放たれるお父様のように。

大きくなったら私の事も守って下さい。


そんな頼もしい施主様ご家族に見守られながら

無事に棟を上げる事が出来ました。

建物の中で一番高い位置の木材を棟木と言います。
これを組む事で重要な構造である骨組みが組み終わります。

建物に大事な、棟(ムネ)と梁(ハリ)。

一般的に集団の長は
『頭領』や『統領』と呼ばれますが
大工の『棟梁』は、棟(ムネ)と梁(ハリ)と書きます。
いかに大事な構造かを表現してくれています。

お昼にはお食事をいただきまして、


楽しくて仕事もせずに話しまくる私達でした。


施主様。
今後も施主様第一・安全第一で
完成まで進めてまいります。
本当にありがとうございました。


2015年 3月15日 日曜日
林好き
井上|日々の話

伐採。

という事で
この林、何の林か分かりますか?

頑丈な硬い木が、乾燥の為に優雅に休んでおります。
とても堅い木で『縁起が良い』とされる木の林です。

そうなのです、ケヤキの木の林なのです。

伐採した後の木の香りも良いですが、
このような林の中での木の香りと土の香りは
なかなか感じる事ができませんので
施主様方にも一度足を運んでいただきたい場所でもあります。


そのケヤキを今回は枝のみ200本ほど持って帰りました。

前回も書いておりましたが
ケヤキは堅くて摩耗に強いので、昔から建築用材として使われ、
神社などにも多く使用されていましたが
最近では高価となり、なかなか住宅には使えなくなったと言われています。

またアチラコチラに大きく反っていき、
大黒柱に大木を使った際は家を動かすほどのチカラを持っており、
何年も乾燥し切るまで寝かせないと使えない木ですので注意も必要です。

その枯らした強い枝を使い
階段の手すりを造ろうと思います。






「え〜??」

いつもこちらが驚くほどに、激しい顔のリアクションをしてくる青山君。
既製品をすすめてきても
私達は手作りを押し通しますからね!


「まいったな〜」


こちらだって

それはちょっと出来ない相談ね〜( ̄o ̄)


2015年 3月14日 土曜日
棟上げ準備
仰木|総無垢の木の家・中間

上棟式に向け
 

材料を運び入れ


準備を進めていました。


上棟式とは、棟上げ・建前(たてまえ)・建舞(たてまい)・建方(たてかた)とも言われ
基本構造が完成し棟木を上げる時に
工事の安全と建物の堅固長久を願って行われるものです。

ではでは
地鎮祭は土地の神さまに対して行われる祭儀ですが
上棟祭での神さまは?

それはですね、
建築に関わる神さまへの祭儀になります。

家屋の守護神である ・屋船久久遅命(やふねくくちのみこと)
   〃      ・屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)
工匠の守護神である ・手置帆負命(たおきほおいのみこと)
   〃      ・彦狭知命(ひこさしりのみこと)

および当地の産土神。


上棟式は日本だけでなく、世界中で様々な形の儀式が行われていますが
アメリカなどでは主要構造を完成させた時点で
トッピング・アウトという儀式(式典)なども行うようです。

美味しそうな儀式。

また、この時に骨組みや柱などの大切な部分を確認し、
私共にいろいろと質問をぶつけていただきたいとも思います。


ガラッとお話は変わりまして
まだまだ空気が乾燥しているせいでしょうか、
知人の子供がインフルエンザにかかってしまいました。
油断できませんね。

先日、インフルエンザの予防注射に行く時
「ヒカチュウ行くよ〜 ヒカチュウ♪ヒカチュウ♪」と言いました。

息子、嬉しそうでした。
皮下注だから嘘をついてはいません。

これを私共はピカチュウ詐欺をしたと言っています。

春といっても、まだまだ気を付けてあげて下さいね。


2015年 3月14日 土曜日
お亀さん
井上|日々の話

棟上げの時にお面を添えたり
女性の七つ道具と呼ばれる(口紅、白粉、櫛、簪、鏡、かつら、こうがい)を
棟の上に飾って納める地域があります。

京都の文化検定問題でも
Q.大報恩寺の伝説にちなみ、上棟式で御幣に添えられる面は何でしょう?
という問題もあるほど有名なのですが
そのお面こそが、伝説のお亀さんです。


棟上げの時に添えられるのは、女性の供養の為と言われています。

昔、有名な大工の棟梁(長井飛騨守高次(ながいひだのかみたかつぐ)さん)が
大報恩寺を施工中に、重要な柱を1本、短く切り過ぎてしまい
責任ある棟梁として思い悩み途方に暮れます。
その時に、妻のお亀さんが「枡を継ぎ足しての補修(枡組)」を提案。
これにより、棟梁は難局を乗り切ったと伝えられています。

しかし、棟上げの前日に
妻のお亀さんは命を絶ちました。

それは棟梁の名声を守るためでした。

昔の時代ですので
女性が夫の仕事に口を出したこと、又、女姓の口添えで完成したことが
世間に知れては棟梁の名声を汚してしまうとされ
クチを閉ざし、すべてを秘密にするためだったと言われています。

そして棟梁は上棟式当日(1227年12月26日と伝えられています)
お亀(阿亀)さんの名にちなんだ福の面を飾り
妻の冥福を祈り、永久にこの本堂が守られる事を願いました。

この言い伝えから
お亀さんは大工の守り神となり、大工の信仰を集め
災難厄除を祈る土木・建築業者の参拝が現代でも続いています。

実際に後の長い戦乱時代、多くの神社仏閣が焼失した時にも
大報恩寺だけが難を免れ、当時のまま残っているので
洛中最古の建造物で国宝となっています。

(画像 http://www.daihoonji.com/goriyaku/)

このような事から
今でも棟上げの時にお亀さんの面や
お亀さんの『女の七つ道具』を納め、お亀さんを偲び
永久に頑丈な建物になりますようにと祈ります。


『玄関に飾ると福が授かる』とも言われるふくよかな笑顔は
明るい人柄だったという事を今に伝えています。
多くの福を呼び込むということで「お多福」とも呼ばれるお亀さん。

お亀さんのように「助け合う円満な夫婦であり続けたい」と
夫婦円満や良縁や子授けのご利益もあると今に伝わっています。

この顔には5つの徳があるとされ
・広く前に出たおでこは自分のおごりの高さを戒めるように。
・垂れ下がった目尻はとにかく何があってもまずは笑うように。
・右頬は父親、左頬は母親を表し、その真ん中にある低い鼻が自分自身。
・そこから両親を大切にする気持ちを持つように。
・おちょぼ口は心の内をすべて正直に話し、隠し事をしないように。

おかめ像。

(画像 http://commons.wikimedia.org/wiki/User:PlusMinus)

おちょぼ口ですので、口は災いの元だから封じるように?
と思ってしまいますが逆だという事でした。
この5つがお亀さんが教えてくれる夫婦円満の秘訣だという事です。


棟梁、聞いてますかー。


2015年 3月14日 土曜日
ツーショット
井上|彫刻の家・中間

あれ イブキさん。
ふけました??


そうですか!

フクロウと一緒とは縁起の良いショットです。
フクロウは昔から縁起が良い生き物とされていますが、
まず、当て字の語呂合せが縁起が良いですね。
・不苦労(苦労しない、 難を免れる)
・福 籠(福を呼ぶ、福を籠にたくさん詰め込む)
・福 老(豊かに年をとる、不老長寿のお守り)
・副 老(卓越した参謀ナンバー2)
・福 路(人生の幸せに通じる、旅の安全、人生の幸せ)
・袋 得(銀貨を入れる巾着を得る)
・幅 楼(幅広く遠くを見通す物見やぐら)
これだけ当て字があるのが素晴らしいです。          

商売繁盛のお守りとして、見通しがきくと言われているのも
聴力も良く、首が180度回り360度全方向見渡せることから
先を見通し未来を切り開く力があるとされているようです。

(画像 http://blog-imgs-26.fc2.com/h/r/k/hrknit/20080911010540.jpg)

そして日本だけでなく
世界中で縁起が良い鳥とされ
イソップ 物語では「先見の明を持つ賢い鳥」
ギリシャ神話やローマ神話でも「知恵の神様」「文芸の神様」
韓国でも「招福の神」
アイヌの人々には守護神として崇められています。
また
「森の賢者」「森の博士」「森の哲学者」とも呼ばれ、
夜間に背後から風切り音がなく獲物をとることから「森の忍者」
害虫や害獣を食べてくれることから「農耕の守護者」という名前も持っています。


そこで今回わたくしがご紹介したいのは!(ジャパネット高田さん?)
先日、鳥仲間でもありますこの子のおウチを
 

造っていますと申しておりました家が完成いたしましたので


設置しました。   が・・

ちっちゃ。

鳴く小鳥も黙る小さな巣箱・・

が、しかしですね、
最近、ある御一行様をのせたバスが
「お菓子の家みたいね」と家の前をユックリ通ってくれております。
とてもとても嬉しかったのです。
ですので「あら、巣箱も出来たんだね」と気付いてくれる事を信じております。

信じております。巣箱です。


また、完成まで私共職人の出入りや作業車の出入りを快く受け入れてくださり、
温かなお言葉をかけていただきましたご近所の皆様には
本当に本当に感謝いたしております。
見学会にも足をお運びいただきありがとうございました。
施主様のお引越しも間もなく完了致します、何卒宜しくお願い申し上げます。

長い期間ありがとうございました。


2015年 3月13日 金曜日
探しています。
社員一同


行方不明になって1カ月が過ぎてしまいました。

散歩中に行方が分からなくなり
もしかすると車の大きな音などを怖がり
まだ7才ですので、とても長い距離を走って移動しているのかもしれません。

【詳細】
・飼い主   石橋森大さん
・住所    福岡県朝倉郡筑前町依井424-13
・電話    0946−24−0130
・2月11日 午後3時30分頃、散歩中に筑前町依井付近で行方不明になりました。

・名前   ジャッキー
・毛色   茶色
・年齢   7歳
・性別   オス
 (鑑札付 青色リード付)


お手数ですが小さな情報でもございましたらご連絡をいただければと願っております。

連絡先は
・飼い主 石橋さん   0946-24-0130
・当社         093-617-2204(携帯090-1087-3397)
            inoue@happy-inoue-giken.com
・社団法人UKC- JAPAN 090-2911-7239

よろしくお願いします。


2015年 3月10日 火曜日
家族
井上|彫刻の家・八幡

大事な家族として一緒に暮らしているペットは約2061万5000頭。
(犬:1087万2000頭  猫:974万3000頭)

一緒に暮らす事で
「心豊かにいつも笑顔でいられるようになった」
「情緒が安定し幸せを感じられるようになった」という事で
とても大きな存在ですね。

そこで今回は
猫さん用シリーズを棟梁がつくっています。

猫は高いところが好きで、上下運動を好みますので
こういうキャットタワーやウォークがありますが

(ズリ落ちてきそうな猫の方が気になりますね)

そこで棟梁力作、手造りウォーク。

「僕の姿も、撮るといいと思うよ♪」

こちらも棟梁の顔の方がどうも気になりますが
可愛い肉球をご覧いただきたいです。

「はい〜 もう一個ね!」と

凄い顔しながら、もったいぶって出してくるのです。

「ハートも作った!」


「はい〜 CATもね〜!」


・・・・
出し終わったようです。

これをこのように壁に取り付けると

必要な上下運動も出来て、高い場所にも自由に登れます。

猫は狭い所が好きなので、

この中でゆっくり、くつろいで下さい。

そこでなにやら
もう一つ大きな物を作っているのを見付けました。


なに・・?

凄い答えが返ってくるとビックリしますので
静かに完成を待つことにします。


2015年 3月10日 火曜日
新しい事
仰木|彫刻の家・八幡|総無垢の木の家・中間

何か新しいアイデアがないかな
楽しくなるデザインはないかな、と
いつも考えています。

昨日井上どんに
「何か新しい案ないかな〜。考え過ぎて頭がハゲそ〜」と言ったら

『まだハゲるん??』



・・・
なんでしょ、この思いもよらなかった言葉攻撃。


なに〜
と、スイッチが入るのが私の長所でもありまして

無我夢中でハニーホールの仕上げにかかっています。

ちょっと壁板に細工などしておりまして

スイッチに誤作動は起こっていません。

こちらのハニーホールは

床の間もある和室です。


続きまして、こちらは中間の現場です。


管工事も終わりましたので


さぁ 中間のゆうせい君(^^)!

配筋工事に入りますよ〜。


2015年 3月 7日 土曜日
土地の税金
井上|日々の話

土地を購入すると
数か月後に不動産取得税の納税通知書が送られてきます。

税率は土地の購入金額でなく課税標準(おおよそ購入金額の7割が目安)の3%。

その土地の正確な課税標準は、市町村役場の固定資産税窓口や
県税事務所の不動産取得税窓口でも分かります。
(本来の税率は4%ですが、住宅や住宅用地などについては平成27年3月31日まで3%。
 また、宅地についても課税標準を1/2で評価する軽減処置がとられています)

しかし、その土地を購入して3年以内(本則は2年以内)に家を建てると
その税金がもっと軽減され無税にもなります。

このような申告書と共に、
 
必要な書類を一緒に提出します。



また土地を購入される時は
購入する前に、いくつかの確認事項も大切です。

それは購入してしまった後の調査結果で
そのままでは家を建てられない場合もあり、
予定外の大きな費用がかかる事があるからです。

その大きな費用とは
まず、土地が傾斜しているなどで隣地や道路などと高低差がある場合は
盛土をして擁壁をつくる造成工事が必要です。

また、上下水道やガス管が引き込引き込まれていない場合は
・給配水管を引き込むための工事費
・ガスを引き込むためのガス工事費
が必要となります。

このような費用がかかる場合は
各住宅メーカーさんや工務店さんに相談すれば
事前にしっかりと見積もりを出してもらえますので、
比較した後、その土地を購入するかどうかの検討をされても遅くはありません。


2015年 3月 5日 木曜日
3月は
井上|総無垢の木の家・中間総無垢の木の家・小倉南区

春ですね〜。
昨日からホ〜ホケキョと鳴いています。
近所のインコが。

凄いですね、インコって。
先週まではハッケヨイと鳴いていました。
きっと、ここ2日程で
「覚えてくれないなら強制的に覚えさせるまでよ」と
ホケキョ技を仕込まれたものと思われます。

この前は網戸越しに「よぉ よぉ」と話しかけられました。
まさかの思いもよらない、鳥からの上から目線・・

強く生きます。


さて中間の現場では

ボヨヨ〜ンとなりながら、斉藤君が地盤調査中です。


南区でも内部創作が着々と進んでおりますが
 

そんな南区の薫さんからビデオレターが。

「大ちゃん、元気ですか〜?」  元気ですよ〜

しかしですね、
何がツボだったかと申しますと


この素敵なシャツ!


なんでしょ、このお得感みたいな感じ。
素敵なプリントカメラが付いてるっていうお得感。

そういえば当社のイブキさんも着てましたね〜。

「ちょっと正装してみました!」

わぁ お得。

ちょっとした造形であります。


2015年 3月 3日 火曜日
週末の見学会
井上|彫刻の家・中間


土日に開催いたしました見学会。

今まで家を建てさせていただきました施主様方にもお越しいただき、
新しい彫刻の家を見てもらう事ができました。
本当にありがとうございました。

また、20年以上前に建てさせていただいた施主様方もお見えになりました。
施主様曰く「君の修行時代を知る生き証人だ!」と言われます。
そうなのです。
学校に行きながら大工と左官の修行をし、
毎日親父職人から木材でゴチンと叩かれ
バケツごとセメントを浴びせられ・・
そんな時に、皆に気付かれないように
「男なら負けるな!頑張れ頑張れ!」と
温かな応援をしてくださったのが当時の施主の皆様でした。
コソッとおやつやジュースを頂いてましたので
ポケットはいつもパンパン。
無給の身でありながら、お腹もいつもパンパン。
今の私は全て施主様方の応援のおかげで存在します。
まだまだこれからも宜しくお願いします。


また見学会には、たくさんの方にお越しいただき
誠にありがとうございました。

「愉快な棟梁さんは?」
「子だくさんの棟梁さんは?」と大人気の棟梁でしたが
話し出すと止まらないので、他の現場で仕事してもらってました。
これを隔離と言います。

私が慌ただしくしている時には
見学に来られていたお客様が、次に来られたお客様に
「隠し部屋どこにあるかわかります?探してごらんあそばせ〜 ( ^〜^)ノ」と
ご案内していただいたり、助けていただいたりと、
とても楽しい見学会となりました。
あまりに楽しくて、私も「見学に来ましたのよ」というような顔で
その方の後ろをしばらく付いて回っておりました。

そして
隠し部屋発掘率0%。
が、ある1人の奥様が際どい所をプチプチ押されていました。
なぜそこを・・?と思いましたら
Disneyリゾート常連のご家族様で
「ここを押したら扉が開くはずよ♪」

わ〜 さすがです。
八幡の現場で試行錯誤している事を言い当てられたような・・
愉快な棟梁が、愉快な仕掛けを造っておりますので
またお越し下さい。


本当にありがとうございました。

アーカイブ

2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻の家・ひびきの
エイジングの家・宮若
洋の館・八幡西
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
シンプルモダンの家・祇園
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報