職人の一言日記  2015年 4月

2015年 4月29日 水曜日
もうすぐ節句
仰木|趣味の話|総無垢の木の家・鞍手

鯉のぼり。


鯉はたくましいです。


鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる非常に生命力の強い魚。

その鯉が急流をさかのぼり
竜門という滝を登ると竜になって天に登るという伝説があり、
子供がどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出生を願って
飾られるようになったようです。


そこで
「さぁ!とにかく登りなさい!」

と、イブキに活を入れても

ズルズルズル〜と勝手に自滅。

落ちてきます。


その様な節句の日を間近にひかえ、
しかも大事な地鎮祭をひかえておられます鞍手の施主様。

     !

なんとゴルフ場に御出勤です!


それはもう終始晴々しい笑顔でございました。


最近、半年ほどゴルフをしていなかったので
先日から元を取る様に張り切っている私。

迎えに来てくれる井上どんに
「早ければ早いほどいいよね!」と言ったら
「じゃ5時に行くね!」と。

本当に早い。


そしてクラブハウスの良い所は

皆さん昼間から堂々とビールを飲める事でもあります。

すごい吸引力を発揮され


血管!大丈夫ですか!?

ダイソンも顔負けの施主様です。

楽しい時は時間が経つのが早過ぎて・・・

妻の待つ家へ、
身が引き締まる思いで帰宅するのであります。


2015年 4月28日 火曜日
鞍手町
井上|総無垢の木の家・鞍手

水道本管の確認などで、いろいろな役所に出向きますが
今はふるさと納税の記念品が充実してますね。



 『プリップリの実をどうぞ!』


 『プリップリとな?!』


 『こっちは転がるぞ』


はい、どれも美味しそうですね。新鮮な時期に届くそうです。


では、北九州市は?
  
やはり、焼きカレー・ふぐ唐揚げ・海産物など色々と揃っている様です。


!!!

北九州カレンダーセットまで・・



さてさて、鞍手ではいよいよゴールデンウィークに地鎮祭です。

奥様が撮ってくれたツーショット♪

が、

ユヅちゃんも前髪バッサリいったのね〜。



「えぇ、女は度胸」


シールを貼るスペースも増設され

喜んでおられました(^^)


ではここで
当初の予定していた坪単価がオーバーする時って、どんな時でしょう。

怖いですね〜
(私も怖いです)

しかしそれは、ものづくりをしている私共にとっては
とても嬉しいお言葉をいただいた時から始まります。

施主様「八幡の和室かっこいいですよね〜 ↓」

ありがとうございます。
こんなに嬉しい言葉はありません!

しかしあの和室に変更すると、今の金額より高くなりますよ〜
とっても高くなるかもしれませんよ〜
などと、言うものですから

お祈りの儀が始まります。




奥様?


奥様!

まぁ はい、いつも鼻の下を伸ばしている事には間違いありません。

そして私は
桃屋のごはんですよのノリ平さん並にメガネをずり落としながら
その場を後にするのです。


と、この様な事から始まります。
しかし、どこの工務店さんでもメーカーさんでも
どこか妥当なところで、ポキっ!と折れてくれるはずです。
えぇえぇ、もうボキボキ折ってしまいましょう!

ここでワンポイントアドバイス ヽ(・∀・。)
・攻めるべし


2015年 4月28日 火曜日
ゴルフ
仰木|趣味の話

先日は久しぶりの


いつもお世話になっている施主のS様と井上どんと

ゴルフでした!


え?嫁を説得できたの?ってですか?
はい、それが大丈夫だったのですね〜。

前日は人工的な ”優しさオーラ” で包み込み
「夕食の準備手伝うよ、どうだ!」
「食器も洗うぞ!」
「肩がこってるってか!?よしよし揉んであげよう!」

食器洗いスポンジに付いていた糸を全部むしり取るとスポンジの形ではなくなり(野蛮)
鍋に付いていた余計な装飾部品を引きちぎり(乱暴)
なぜか微妙に曲がってしまったスプーン。Mr.オオギ!?(←雑)

うんうん 家事って難しい。

「他にしてほしい事はない??」
と、指名されてもいないのにお得意様扱いすると
「うん・・・もういいよ・・・」

ん?
これって「あまりグイグイこられると、ちょっと・・・」という乙女の心情?
と勘違いしてしまった数分後、
「よけいに散らかるから、いい加減にして!」

・・・

怒らりた・・・


皆様のお宅もご主人様が趣味で遊びほうける日の前日は
こんな感じですよね?そうですよね。

もしかしてS様も?
だからこんなガッツポーズが出たのでは?


と、私だけでなないはず!と信じてます。


ゴルフ場の鴨も


奥様の後をずーっと付いて回っていました。


しかし鳥類はオスの方が毛色が派手ですよね。
私も危険回避の為に赤色や原色を好んで着ます。
だからでしょうか、近所では「人間版おしどり夫婦」と呼ばれています。


2015年 4月27日 月曜日

仰木|総無垢の木の家・小倉南区

びっくり。


びっくり顔の青山君に
よく施主様方もびっくりされていますが、

シャッターの取り付け工事です。

焼杉も良い香りを漂わせていますが

これから雨や風や太陽を受けながら
10年、20年経つにつれ、シックリとした木の風合いが出てきます。

ちなみに青山君は
「現場まで20分で着きますよ〜」と言った時は到着まで1時間かかり、
「現場まで1時間程かかりますね〜」と言った時は10分で到着します。

「地図がよめない女(性)」という本いわく、
「距離がよめない男」です。


それと、まずは椅子の出来上がり。

こちらも年月が経つにつれ柔らかい肌触りになっていきますので
ワサワサ座っていただきたいものです。


では最後に
今年に入って10キロ(トン!?)も痩せたと豪語する井上どん。


全く気付かれないのが可哀相。

「とても身軽になって好調高調♪スキップもできそうなんよ〜」
なぞと喜んでますが。

早く気付いて下さい・・・
スキップができなかったのが変だという事を。


2015年 4月27日 月曜日
施主様
仰木|総無垢の木の家・中間

セルロース断熱の噴射完了しました。
 

建築上避けられない配線まわりや配管まわりの、手の届かない小さな隙間にも
 
ビッチリと吹き付けましたので安心です。

外部でも作業をしていますが


施工をしているのは坂崎君?辰さん?

いえいえ、施主様ご自身です!
現場に入っていただきました〜。

これぞまさしく共同作業。


素晴らしい手際の良さでご自分の家の施工をしている姿を見て
私も決めた事があります。

「息子の家は私が施工する」と。

出来上がってビックリ。

「なぜ親父の部屋がある!?!」という様なビックリ箱を。


2015年 4月19日 日曜日
お土産
井上|彫刻の家・八幡|総無垢の木の家・小倉

『ありがとうございました!』の写真ですが


もう 濃い顔ばかりでスミマセン。
 

顔はこんな棟梁ですが
可愛い細工なんか施してます。

さて何でしょう。

シンキングタ〜イム






う〜ん、わかりませんよね。

では以前書きました絵でおわかりになりますか?

あ、もっと理解できなくなりましたでしょうか・・?
この絵心の無さが異常です。

もったいぶってしまいましたが、
窓をつけて明りを灯す準備中です。(余計わかりにくいという・・)
要するに変木照明です。(もっとわかりづらいという・・)


では、こちらは?

はい、猫も大喜びのキャットウォークの完成です。

いろんな壁にキャットウォーク。

良い場所取りをしていただきたいものです。

私は先日レストランで
「外が見える、いいテーブル空いてますか?」と言うと
Eテーブルに案内されました。

そうです、優秀なスタッフさんでした。


2015年 4月18日 土曜日
薫さん
井上|総無垢の木の家・小倉南区

先日、いただいた写真では
怖〜い顔して・・  あっ、いえ、


可愛いくオヤツパンを食べていた薫さんが・・



今日は前髪・・



どしたの?!



『男は黙ってパッツリと・・』





わぉ〜 思い切りましたね〜
とっても清潔感がただよってます。

しかし横側はサラッサラに長いので

すでに髪のない棟梁とつながってしまいました。

もう生えてくる事のない棟梁・・
薫さんからの優しさですね。


さて、こちらの現場では
施主様のご要望を聞かせていただきながら

取り付け家具や、シューズボックスなどの製作に取り掛かっています。

この作業も棟梁の得意とするものですので
どんな無理難題を言っても作ってくれる?と思います。
言ったもの勝ち!という事です、施主様。


2015年 4月18日 土曜日
皆のおやつ
仰木|総無垢の木の家・中間|総無垢の木の家・小倉南区|総無垢の木の家・小倉

「最近のチラシって

リアルだね〜」と言いながら

甘い物に目がない私達のオヤツは東京ばな奈でした。

(ありがとうございます!)

きっと絵の中の女性が出てきたらギャフンといわされますでしょう。
しかし我慢が過ぎますと逆効果の場合もあります。

脂っこい物を我慢するあまり、
他の物を食べ過ぎてしまった結果が私です。


では、中間の現場ですがセルロース断熱工事の準備に入り


そろそろ吹き付けを行います。



小倉の現場では乱形石も貼り終わり

最後の創作作業が始まっています。


2015年 4月18日 土曜日
薫君と井上どん
仰木|総無垢の木の家・小倉南区

現地にて


仲良く照明プランの打ち合わせの様です。

「どの照明がおすすめなの??」


「こっちの照明はいくら?」



「高っ!」



高かったですか!

でも大丈夫。
大丈夫ですからね。

子供好きの井上どんの弱点は
子供さんに嫌われたくないという事。

ですので薫君、
薫君が値切ればいいのです。
(これぞ井上どん取扱説明書)


そしてこちらでも家具作りや細かな創作を始めました。


外部も足場を外せましたので


最後の細かな創作を施していきます。


2015年 4月14日 火曜日
木の重み
井上|彫刻の家・八幡

日曜日の熊本県の選挙で
同数票だった候補者さん2人がおられるそうです。

どうされると思いますか?

なんと!
クジ引き。
木のクジ引き。
一回限り。
これこそ1本の重みということでしょうか・・


こちらも重そうな木が1本。


古すぎて恐ろしい古木。


いつ崩れてきてもおかしくありません。 と、思いきや??

これがモルタルで造った偽木です。
エイジング終了。


ちゃんと金具からもサビ汁を出してます。

一般的には金具のサビ汁とは拭くものですので
「なぜ、出したの?」と聞かれましたら、
理由はこれが全て「古く見せたかったから」

という事で、

こちらもようやく最終段階に入っています。


2015年 4月13日 月曜日
モダン和風
仰木|総無垢の木の家・中間|総無垢の木の家・小倉南区

大きな玄関屋根が特徴の中間邸。


当初、玄関柱も黒にする予定でした。
軒裏もなんと施主様ご自身(同職種)!に塗っていただく事になっていましたが、
やはり八寸角の立派な檜や木肌を隠すのはもったいなく、
バランスなどを考えて、このままという事になりました。

一階部分は黒の焼杉、
二階部分は真壁造り風に。
モダン和風を目指します。


こちらも立派な玄関柱の南区邸。

柱の下の石は束石(つかいし)といいます。

中心に穴が開いていますので
それに合わせて柱をほぞ加工し(写真は12/18)
 /
ピタッと納めます。
よく八寸角にはワンサイズ上の九寸角の束石を使用する事もありますが
八寸角柱には八寸角束石のピッタリサイズにする事により
水はけが良く雨もたまらず、柱の重厚感も増します。

そこに乱形石を貼りまして


砂ぼこりを拭き取りますと

黒の乱形石が顔を出します。

土間も同じ黒の乱形石を貼りまして


ピカピカに仕上げます。


2015年 4月12日 日曜日

井上|彫刻の家・八幡

先輩同業者さんが『手づくり手すりアーチ』を見学に。

「棟梁、いい味だしますな〜」

棟梁の味!?
(吐き気退散太田胃散・・)


こちらのアーチは


先日、棟梁が完全防備で作っていたもので
 
1本の木を加工して作るという、なかなか難しい加工です。

ですので手すりもいい味だしてます。



こちらのステンドガラスも


手づくりステンドカーテンへ。

全て左側に収まるようレールを作りましたので
収納上手でもあります。

こちらは
吹き抜けの天井に、照明用の柱を1本取り付けるはずが


あら辰さん、可愛くカケ印にしたようです。


ちょっとした事でも
創意工夫のアイデアが出せる一人前の職人になってくれると思われます。


2015年 4月10日 金曜日
完成間近
仰木|総無垢の木の家・小倉南区

檜舞台の南区様邸。


洗面所なども檜で、本当に良い香りです。
  

先日も申し上げましたが
檜の香りには、リラックス効果やストレス緩和や抗菌作用などがありますので


この様に加工した際の木くずを

アミに入れて湯船に浮かべると、それはもう良い香りです。

はい、ポイッと湯船に入れます。
(妻の機嫌の悪そうな日に)

これぞ殺菌作用

これまで施主様家の縁起の良い木くずのおかげで
夫婦円満・家族円満で過ごせています。


こちらも完成間近となっております。



そして本日最後の現場確認、八幡へ。

いました
いました
とても面倒な2人。    青山君&井上どん。

完成間近の八幡の家を見上げて余韻に浸っていたそうです。
まだ完成日が決定していないにもかかわらず・・・








同じ様な軽トラばかり揃え・・・

しかし昔の軽トラと違い、とっても快適な車ですね。
オートマなのに加速は良く、クーラーもよく効きますし
何よりボンネットが無いので運転しやすく
座面が高いので乗り降りしやすいという。
しかも荷物がどんどん積めます。

これにより「軽トラ以外の車には、もう乗らない!」となった井上どん。

しかし私が先日
「会社の代表として、ビックリする様な凄〜い車に乗るのもいいかもですよ?」と言うと
井上どん『ふぅ〜ん・・・』

そして後日『ねぇねぇ、これでいい?』と
ビッカビカにワックスで仕上げた軽トラを乗ってきたのですよ。


ビックリの意味が違います。


そういう訳で、
少々大きすぎる顔が軽トラのフロントガラス一面に広がったまま
施主様宅へ向いますので今後とも宜しくお願いいたします。


2015年 4月10日 金曜日
新学期
井上|彫刻の家・八幡

入学式シーズンですね。
子供さん達も新しい世界や学びのスタート。

知人が自分の息子に
「英語の勉強が難しくなるけど大丈夫?」と聞くと
「余裕♪」と答えたので
「”さよなら”を英語で言える?」と聞くと
「ブァイ ブァ〜イ」と答え、
「”英語”を英語で言える?」と聞くと
「ゥエイゴォ〜」と巻き舌で答えたそうです。

覚える気まるでなし、と判断。

家庭教師決定。

新年度は支出が増える時期でもありますね。


さて、こちらも新しいスタートをきった彫刻の家 art&craft。


まだまだ表現したい事や造りたいものが、たくさんたくさんあり、


新しい可能性をどこまでも追及していきます。
 
一生涯職人であるために、満足する事はありません。
終わりなき夢。(青春時代を謳歌し続けようとする厚かましさ)


こちらの大きな木もモルタルで造った偽木です。


エイジングが終わってませんので白黒ですが

時を経て、今にも折れてしまいそう木を表現しようと
試行錯誤しています。

手すりもまだまだエイジング途中なのですけど。



そしてお問合せの多い、こちらの巨大な6連ボウウインドウサッシ。
 

はい、これはとても大きいです。
以前のわかりやすい写真でご説明しますと、人もスッポリ入り
 

家の顔ともなっている程、大きいです。
 

「もう少し小さくてもいいかな〜」という場合は
同じような小さな窓を探すのも楽しい作業ですね(←価格も必ず下がるはずです!)


まるで12連フェイス。

見学会にお越しの際はこちらの窓を目印にお越し下さい。


2015年 4月 9日 木曜日
どうも
仰木|総無垢の家・小倉南区

桜が似合わない男です。

「花より団子っぽいよね」とよく言われますが
実は花が大好きです。

大工の棟梁なのに「木より花が好き!」という恐ろしい事実。
皆様、これをどう思われますか・・・?

それはそうと
団子といえばこの時期は「花見団子」ですね。

この3色にも意味がありまして
ピンクは桜→春の息吹
白は雪や白酒→冬の名残
緑はよもぎ(草木)→夏の表れ

秋がないのは「飽きがこないように」という表現。
また紅白や、草色は邪気を払うという意味合いがあり、
この3色が神さまの喜ぶ色とされているのですね。
なんて縁起の良い食べ物でしょう。


では、食べ物をつかさどる大事なキッチンですが

こちらも岐阜杉でつくりました。

なのでリビングとお揃いです。


クロゼーット内は、もちろん檜。

檜は保存性に優れ、湿気取り、防虫効果があります。

また香りにも
・消臭
・防虫
・殺菌
・抗菌作用
・リラックス効果
・ストレス緩和
・安眠作用
などがあります。


点検口だって檜です。


檜の壁に、木曽檜の腰板と天井。

まさに檜舞台・・・

人々を癒し、人に害を与えるものは寄せ付けようとしない、
それが木のチカラですね。


2015年 4月 9日 木曜日
ようやく晴天
井上|総無垢の家・小倉南区

「プッハ〜 良いお天気ね〜」

上を見過ぎてフラフラする棟梁を

見つめる辰ちん。

女の子みたい。
やはりあれですかね、若さって髪の毛の成長も早いのですかね。

先日、床屋さんに行った時、意外な営業をされました。
「トリートメントなんてしてみる?」
「染めたりしてみる?」
「何ならパーマとか?」

天パの私にパーマとな?


意外に上手な営業でしたが
私がツヤサラ〜なんてしてたら皆が逃げて行くので
いつもの1000円カットで十分です!


さて、こちらも焼杉がしっくり馴染みつつあります。


 

以前も書きましたが
焼杉とは、杉を焼き表面を炭化させて頑丈な木に仕上げたものです。
・水分などによる腐食に耐性があります。
・焼くことで防虫効果・防腐効果の炭化作用がおこります。
・厚い炭化層で熱伝導率が低く木材特有の調湿効果もあります。


2015年 4月 9日 木曜日
4月なのに
仰木|総無垢の家・中間

春から冬に逆戻りと言われるよに
昨日東京では雪が降っているとラジオで流れていました。
福岡でも今朝は最低気温が低く、最高気温との温度差が激しいようです。

この温度差に体調不良を起こす方が多いとの事で
これを『春バテ』と言うそうです。

春バテ・・・そうなんですか・・・
最近、新しい言語が多く、付いていけなくなりますが、
子供の頃、AMラジオは午前中のみのラジオだろうと思っていた僕も
ある意味、新人類ではなかったのでしょうか。 30年前の。


しかし
病は気からです。

ということで、一年中元気な私は
本日も井上どんと、あーだこーだと仲良くヤリ合っております。

えぇ、えぇ、それはもうモグラたたき。


勢いもそのままに外部は外装下地工事に入りまして

こちらも、とても渋い黒の焼杉を使い、
玄関柱も黒にするという和風家屋。

丸い明り取り窓を吹き抜けに設置しますので

近代和風っぽくなりそうですね。


内部も進んでいますので


近々、壁へのセルロース断熱施工に入ります。


2015年 4月 8日 水曜日
彫刻
井上|彫刻の家・八幡

手すりのケヤキの埋め込みが


終わりましたので


手すり部分をエイジング加工します。

エイジングとは時を経るという意味です。

お肌のアンチエイジングやエイジングケアをされておられます奥様方に
逆行した施工をしております事、申し訳ないと思っております。

そう思いながら、塗ってみました。


しかし、手すりの加工よりも

後ろの壁なに!?って言われそうですが

「壁です」


日々、造形ばかりしておりまして
1階にも2階にも飛び火してまして


いよいよトイレにも潜入。
 

「そのブツブツなに!?」

と、言われましたが

「石です」


こちらはキッチン。



棟梁渾身の和室ハニーホールは


衝撃的な入口に。(←おおげさ)


この丸い入口をくぐると・・


くぐると・・?

くぐっても何も変わった事は起きません!(←まぎらわしい)

が、遊び心は大事ですね。

また、見学会は少し先に伸びていますが

お近くにこられた時はお気軽にどうぞ。


2015年 4月 7日 火曜日
地盤調査
井上|総無垢の家・鞍手

鞍手の現場で九電さんと打ち合わせ。

打ち合わせの内容は「電柱を動かして下さい」というもので、
家を建てる時や増築する時に電柱や電線が支障になる場合は
九電さんが動かしてくれますので安心ですね。


こちらは昨年11月に地盤の事前調査をしておりましたので
今回は地盤本調査。


佐藤君の出番です。

多くの地盤と向き合い、様々な地盤と戦ってきた頼もしき佐藤君。
早速地盤にアプローチ。
積極的にグイグイいきます。

地盤調査は第三者の確かな目での判断を要します。


地盤の性質・地質などを徹底調査し、
この調査により地盤に合った基礎の形状が決定します。


軟弱地盤と判明した場合は地盤補強となり
表層改良工法:軟弱地盤が深度2mまでの場合に行う工法で
       軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造ります。
柱状改良工法:軟弱地盤が深度2m〜8mまでの場合に行う工法で
       土の中にコンクリートの柱を造ります。


また地盤の事前調査とは
・どんな地盤
・どんな状態
・近辺の土地の状態
・地盤の沈下
・地盤の液状化
等々、造成前の自然地形や周辺環境などを知るために
地形図・旧版地形図・土地条件図・地形分類図・地質図・地盤図などの
現地資料の収集と既存資料の収集や近隣環境データの収集を行い、
盤構成や各層の土質・傾斜・敷地境界の高低差・敷地履歴や造成経年、
造成盛土の状況・ 地下水脈や障害物(ガス管・配水管・水道管)等を調査し
あらゆる要因からその土地の地盤を把握する事をいいます。

またこちらの土地のように
地盤調査によって事前調査より良い結果が出る事もあります。


2015年 4月 3日 金曜日

仰木|総無垢の家・小倉南区

南区の桜が


満開です。

仕事の手を止めてしまうほど可愛らしい。


こちらでは真っ黒の焼杉が

かなりカッコ良いです。



実は今回、


また新しい試みをさせていただきましたが


想像以上の大成功です!

さあ、どこでしょう♪

正解は・・
文字でご説明するのも難しいので、やめておきます。
(じゃあ言わなければいいのに)

丸い格子などの創作もしていますので
近々、蔵の家が完成致します。



本当に綺麗。


2015年 4月 3日 金曜日
ヒノキ
仰木|総無垢の家・中間

大分県まで親父職人がひとっ走りしたかと思いましたら
ヒノキ板2000枚を抱えて戻ってまいりました。


「どこに置くかのお!?」


いえいえ、それを先に考えて運び入れましょう! 待って下さい!

などど言うと
「なんやて?!」と、なぜか若手が叱られてます。

歳の取り方には気を付けたいものです。


先週から、どんどん進めておりまして、


あっという間に大きな玄関柱や玄関屋根もおさまり、


ただいま、このような感じです。


こちら中間でも
総無垢の家づくりが始まっています。


2015年 4月 2日 木曜日
いつもいつも
仰木|総無垢の家・小倉南区

日記をご覧いただきありがとうございます。

昨日の南区の写真、
久しぶりの日記である、総無垢の家の新しい写真に
早速たくさんのお便りを頂きました。
全ての皆様に感謝感謝です。

施主の皆様、いつもご協力ありがとうございます。

南区の薫君もありがとう。

(わっはっはっはー! バナナおかわり!)


薫君のお部屋は檜ですよー。

こちらの部屋で大きく大きくなって下さいね。
お勉強も大事。
遊ぶことも大事。
何より好奇心が大事。
まーだまだ大学を卒業するとなると、あと20年もありますからね、
たーっぷりお父様に甘えましょうね。

イタズラをしても大丈夫!

オジサンたちの時代は
イタズラをすると外に出されるか、押し入れに閉じ込められるか否かでしたが
今の押し入れ=クローゼットは
この折れ目を↓


ここをですね中から ボフッ!と蹴飛ばすか、
手でググググゥーッと押せば開きますからね、
何があっても大丈夫!
イタズラに優しい安心設計。


2階の他のお部屋も檜。
 
あ、セイヤは付いてきません。

階段も檜。


廊下も檜。



そこで、お便りを頂いておりました、玄関天井の格子ですが

こちらは、格天井(ごうてんじょう) と言います。
和風家屋ならではの格天井。

昔の書院建築では、この格天井の造りによって
お屋敷やお城の格式が決まるほど
重要な部分であったと言われています。

例えば、格天井の中で、もう一段持ち上げるようにしたものを
折上格天井と言います。

仁和寺宸殿上段の間。
(画像 http://commons.wikimedia.org/wiki/User:663highland)

また、もう一段持ち上げたものを将軍の座る位置とし、
二重折上格天井と言います。

二条城書院。
(画像 http://commons.wikimedia.org/wiki/User:Tomomarusan)


大工としましては、
や、家長としましてはですね、
3段格天井を目指して、晩酌なぞしてみたいものですが、

そんなことをすると
押し入れに詰め込まれるのは間違いないものですよね・・・?


妻!

強し!


2015年 4月 2日 木曜日
新しい現場
井上|総無垢の家・鞍手

鞍手にて


土地の巡回と掃除。


こちらにも総無垢の木の家を建てさせていただきます。

そして唐揚げが好きなユヅちゃんとの打ち合わせ時、
ご近所のおばぁちゃんにもらった唐揚げを急いで私に見せようと
走って持って来てくれたので
やはり、お皿からボトボトーッ!

お母さんに見つかる前に急いで拾ってあげると、
そこに鶴の一声「今 唐揚げ落としたでしょ!?」

わぁ 怖い・・
床に耳あり・・
あまり響かないような家を造りますからね。
大丈夫。フーフーすれば食べれるから。

ここで鶴の一声講座。
辞書によりますと
意味:否応なしに従わせるような有力者・権威者の一言。
注釈:周囲を威圧するように甲高い声で鳴くことから。(←辞書です、辞書から引用しただけです)



すると、唐揚げを一個食べたところで
「マヨネーズン!」

えっ 味変?!  マヨネーズつけるの?!


フン フン


キューピー派? 味の素派?

そうですよね、
昨日から『値上げの4月』とも言われているように
いろんな物が値上がりしましたものね。

値上がりと言えば嬉しいものもございまして
最近ベアのニュースも多いようでした。(ベースアップ)


昨日、エイプリルフールに乗っかりましての重大発言。
「今日から値上げが多いらしいね〜。大変だよね〜。 だからせめてベアの値上げは やめようね〜。

小さな声で言ったのに聞こえた若手
『ベア??って何でしたっけ?』

「あれよ、あれあれ  テディベア


何でも言えてしまう4月1日。
お正月とお盆の次に大好きです。


2015年 4月 1日 水曜日
今日から4月
仰木|総無垢の家・小倉南区

指導役でもある私は、
各現場を指図通りにやっているか見回りに行く移動術の達人でもあります。

と、これを言い訳に
しばらくバタバタとして日記も書いていませんので施主様に問い詰められました。
「日記を書かない棟梁なんて・・・(クリープを入れないコーヒーなんて・・・的な)
 まさか?まさか・・・??ゴルフで忙しいとか?」
  (いいえ!ゴルフなんて4ヶ月間行けてません!だから施主様方、私を連れ出して下さいませんか??)

そして、あっという間にエイプリルフールがきてしまいました・・・

エイプリルフールのマナーはですね
すぐに嘘だと分かるものでないといけませんよね。ね?

「おっ、棟梁!髪が少し増えてるね!」

喜びが強すぎると嘘だなんて思いませんので、
こんな事は2度と言わないでいただきたいものですね!
ヤケを起こして残った髪を引きちぎりそうになりました。
(ヤケがとても雑)


南区の現場もどんどん進んでいまして
外観は焼杉を使った、蔵をイメージした家屋ですので
内部は国産オール無垢の家にしようと決めさせていただいておりました。

玄関は


木曽檜です。この格子部分に電気がつきます。


リビングは岐阜杉。


和室は無節檜。 腰板は岐阜杉。


和室は低い場所でくつろぐ部屋ですので、
腰板も低い方が圧迫感もなくくつろげますね。


そろそろ細かい創作にも入ります。

アーカイブ

2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻の家・ひびきの
エイジングの家・宮若
洋の館・八幡西
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報