職人の一言日記  2020年 1月

2020年 1月27日 月曜日
手作り満載
彫刻の家・ひびきの

棟梁の手作り造作、どんどん進んでおります!
顔はあんなですが、今回も可愛いのが出来あがっておりますよ〜
  

サンダーで木を削るため手がしびれあがった井上も
その手をプルップルさせながら塗装加工へ!
 

色づけでもこんなに雰囲気が変わるのですよ〜
 

 


またキッチン作業台などの扉も同じように造作しておりますが
ここまでくると細か〜な作業の手が止まらず、
天然の木の枝を加工しながら、枝の削り出し把手を作ってしまいました!
 

しかも、ひとつやふたつではなく・・


たくさん出来あがりました!
 

ですので、扉を付けると柔らかい壁の造作とも相性が良いようで、
 

湾曲の作業台にもピッタリと馴染んでくれたようです。
 

壁の養生も剥がしまして、
 

照明の調整にも入りましたので、
 

 

全体の調和を見ながら調整していきたいと思います!


2020年 1月23日 木曜日
大寒
総無垢の木の家・感田|彫刻の家・ひびきの

暦の上では「大寒(だいかん)」に入りまして、

一年の中で最も寒さが厳しいと言われる時期になりました。

昔から大寒の頃は気温と湿度が低く、
カビの原因となる空気中の雑菌が少ないことから
味噌などを仕込むのに最適な時季と言われていますが

ここ最近の湿気と気温の高さにはビックリですね〜

この先一週間も雨予報になっており、3月並みの暖かさが続くとか!


このまま春になるのは少し寂しいですので
小雪がチラつくのをまーだまだ心待ちにしたいと思います


そんな中、現場のほうも進んでおりまして
各現場にどんどん材料を運び入れております!
こちらの材料は全部、感田の現場へ。



こちらの枕木はひびきのの現場の分で
 
外構工事も同時進行で進めています。

塀の下地工事や
 



駐車場の路盤工事にも入り、
 


内部の造作も進めておりますよ〜!


 

こちらは造形の丸窯です!

この下地の形が難しく、作った後に棟梁の腰筋が二日ほど気絶しておりましたが、
そのぶん可愛らしい窯が仕上がったと思います。
また、オーブン部分はアンティーク風の本物を埋め込んだと勘違いされたおかげで
井上 喜ぶ喜ぶ

造形や彫刻以外も、棟梁の手作り造作満載の絵本の家になりますので
 
その職人の心意気と遊び心を感じとっていただけますように


2020年 1月18日 土曜日
施工写真
彫刻の家・ひびきの|彫刻の家・感田|総無垢の木の家・若松

ひびきのの現場では内部の造作も進んでおりまして、


彫刻準備のための下塗り工事に入っています。


丸く柔らかな曲線を生かしながら
 
可愛い彫刻を施していきたいと思います。




また、写真の整理が遅れていましたが
吹き抜けの高〜い天井のデザインが反響を呼んだ「木の家・若松邸」と
妖精のすみかとして作った「彫刻の家・感田邸」の施工例が出来あがりました!

木の家・若松邸
  
 
 

 

 



彫刻の家・感田邸
 

 

 
撮影にご協力いただき、ありがとうございました。

ワンニャーさん達もお疲れ様でしたね〜
 
またこれからもヨロシクにゃ!



施工例へはコチラから ↓

木の家・若松邸

彫刻の家・感田邸


2020年 1月15日水曜日
小正月
総無垢の木の家・感田|彫刻の家・ひびきの

親戚などが集う年末年始のあたたかな楽しい時間は過ぎるのが早く、
今年ももう半月が過ぎてしまいましたね〜

以前は成人の日として祝日だった15日ですが
この日は小正月としても豊作祈願などの農業に関連した行事や
家庭的な行事が行われているようです。
 

また、お正月から忙しく働いてくれた奥様をねぎらう意味で「女正月」という地方もあり、
男性が女性の代わりに料理などの家事を行う日とされているとか!
が、想像するに、使い終わった鍋やボールの洗い物や、
飛び散ったゴミの後片付けのほうが大変そうなので
有難くも心広〜く受け入れる覚悟も必要というものですね!



さて、そんな節目の現場の状況ですが
感田の現場では床下地工事にも入りまして、


内部の作業を進めております。
  



また、ひびきのの現場では内装下地工事‍に入りまして、


釜戸やホラ穴や、


 

ニッチの下地作業に入っています。
 
ニッチとは壁の一部をへこませ、
飾り棚として利用するためのくぼみの事です。
施主様が思い描くこの細かな夢ある造作が
この後ここを訪れる人に懐かしさや心和む時を感じていただけるよう進めてまいます!


2020年 1月10日金曜日
現場作業
彫刻の家・ひびきの

一月に入ってもあたたかな日が続いていますね


鏡開きまではもう少しですが、
ひびきのの現場では玄関の部材探しをしながら
扉のガラス格子の装飾の続きに入ったりと

年明け後もアッという間の一日になっております!


また外構は施主様ご夫婦が真砂土を敷く作業に取り掛かられましたが
 
なんとダンプ2台分の山盛り!
しかも人力です!

そしてこちらにクラピアと言う繁殖力の強い芝生の仲間を植えられます!


クラピアとは10数年の月日をかけて開発改良されたイワダレソウの改良品種で
日本で唯一、農水省に品種登録されている植物です。

土中深くに根を張りますので土壌流出防止効果があり、
地表を密におおうため雑草の繁殖を抑制し増殖性に優れています。

またあたたくなると1cm程の可愛い花も咲き、

芝生のような刈り込みもほとんど必要ないとされているため
運動場やドッグランなどでも芝生の代替植物として利用されることが多くなってきました。


緑に囲まれると家の表情もガラッ!と変わってきますので
 

これからの変化も楽しみであります!
 


2020年 1月 6日月曜日
総無垢の家
総無垢の木の家・感田

しばらく報告が遅れておりましたが
感田の総無垢の家もどんどん進んでおりますよ〜!

前回の地鎮祭の時はまだお子様が4ヶ月での猛暑の中でしたので ↓

両家の祖父母様にしっかり守られて愛情たっぷりの儀式でしたが

日に日にこ〜んなに大きくなられまして、


おじいちゃまもメロッメロのご様子ですよ〜

あ、スミマセン
手前のは棟梁で右のかたが祖父様ですね。

「孫ほど可愛いものはない・・」と伝えられているように
優しいまなざしでお孫さんを見つめる祖父様でしたのに
棟梁が思いっきり割って入るという、いつもの空気が読めない写真になってしまいました!
せめて何かの思い出の一枚になってくれますように・・


また、あたたかなご配慮を賜りまして、
 

無事に棟も上げさせていただき誠にありがとうございました!
 

完成に向け進めてまいりますと共に、
 

2020年も幸多き輝かしい年になりますよう
お祈り申し上げます
 


2020年 1月 4日土曜日
仕事始め
彫刻の家・ひびきの

澄みきった日の出とともに2020年も始まりました!


今年は少し長めの正月休みの施主様も多いようで
「胃薬必須でがんばっとります !」とのことですが
と〜っても楽しそうですので奥様の許す限り飲んだくれて下さいまし。



良い天気にも恵まれた新年の仕事始め。


今年も職人一同、何卒よろしくお願いいたします。


2020年 1月 1日 水曜日
新年
日々の話


アーカイブ

2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻の家・ひびきの
エイジングの家・宮若
洋の館・八幡西
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
シンプルモダンの家・祇園
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報