職人の一言日記  彫刻の家・ひびきの

2019年 7月 5日 金曜日
基礎工事
エイジングの家・宮若|彫刻の家・ひびきの

倉庫では宮若のエイジングの家の基礎鉄筋加工を進めておりましたが
 

現場のほうでも基礎遣り方(やりかた)墨出し工事も終わりましたので


 

いよいよ配筋工事に入りました!
 
たいへん重要な役割を担う基礎工事。
時間をかけながら丁寧に進めてまいりますね!



そしてこちらは、ひびきのの現場。
さて?何をしているのかと言いますと

新しい大きな足場看板幕の印刷が出来あがってきました〜!


どのくらい大きいかを体を使って伝えようとする棟梁ですが

ずんぐりむっくりしているのでピンときませんね。

そしてすぐには起き上がれないという腹筋の弱さ。

変なものばかり見せられてしまいましたが


どーん!

と、こちらが新しい足場看板幕になります!

これまでの施主様邸の画像を使用させていただきまして
なかなかのインパクト な看板を作る事が出来ました
いつも施主の皆様のご協力、まことにありがとうございます。

まだまだ他のバージョンも考えておりますので
何卒よろしくお願い致します!


2019年 6月28日 金曜日
基礎工事
エイジングの家・宮若|彫刻の家・ひびきの

造成工事などを進めていた宮若のエイジングの家ですが


先日から基礎工事に入らせていただいておりまして
 

捨てコン工事をおこないました!
 
この”捨てコンクリート打設工事”とは人工的な水平面を作り出すことで
家の基準線(墨出し)や基礎の中心や型枠の目印などを
正確な距離として測る事が出来るようになります。
基礎の重要な工程が続きますが次は墨出しや配筋作業の準備に取り掛からせていただきます!



そしてようやく福岡も梅雨入りしましたね!
 
なんとも瑞々しい梅雨時の花々

しかしそんな梅雨を待ちきれなくて真っ黒に日焼けしてしまった棟梁と


すでに海に行く気「満々っ」だった、その息子。


ガーン・・・・

少し気の毒な親子ですが
タップリと恵みの雨をいただいた後の夏を待ちわびてもらいましょう!


また、ひびきの現場でも先日無事に棟を上げさせていただきまして

これまでの工事の無事とこれからの安全を祈っていただきまして
本当にありがとうございました。

金物や合板張りにも入りましたので
 

このまま順調に進めてまいります!


2019年 6月22日 土曜日
続・棟梁の屋根
彫刻の家・ひびきの

先日から棟梁がヒートアップして止まらない”ひびきのの家”の屋根作りですが


連日話し合いを繰り返しながら屋根下地工事が進んでおります!
 

ま〜だまだこれから屋根全体が「あっ!」と驚くような変身をとげていきますが
 
大変細かい作業にも入っていきますので全容を現すまでもうしばらくかかりそうです。
まさしく童話の絵本からやってきたような姿になりそうですので
もう少しお待ちくださいね!


2019年 6月14日 金曜日
棟梁の屋根
彫刻の家・ひびきの

「あの屋根がね・・」


「だから、あの屋根がね・・」


「だから、あの屋根がね!」


と、屋根の曲げ方の難しさアピールが止まらない。


そりゃそうなのです!
と言うのもこちらの彫刻邸でも、高難度の屋根作りが始まったのですね〜


ぐぐっと自在に曲げていくには独自の性質を見極めながらの高度なセンスも必要となりますので

神経を尖らせながらの井上と棟梁の打ち合わせは現場でもヒートアップ!


という事で頭を冷やしがてら場所を変えて久〜しぶりに決起集会をおこないましたが

ここでも議論議論で若手君達は最後まで引き気味という結果に。

しかし先輩達の独特で繊細な技能や技術の話を直に聞けるのも
このような関係があってこそですよね。
今後の技の習得にも大きな差が出てくると思いますので若手の今後も期待して下さいね!


屋根の曲がりも面白い仕上がりになりそうですので楽しみにお待ちください!


2019年 6月10日 月曜日
前起こし
彫刻の家・ひびきの

ひびきの棟上げが今月下旬に決定致しました!

ご覧のように大きな家ですので、今回は早めに足場工事をしまして


棟上げ前起こしに取り掛からせてもらっております!
 

 


また、棟を上げた後に屋根仕舞をおこないますが
その屋根材である100%天然木のレッドシダーもカナダから続々と搬入されておりますよ〜
 



この屋根材は樹齢200年以上の無節の柾目で作られたプレミアムグレード防火認定のウイルルーフ。
 


もちろん国土交通省の認定を受けていますので防火性能の高さは当然ですが



耐風性能でもハリケーン多発地帯でも安全な時速約390kmの風力に耐える性能を確保。
耐衝撃性能においてもCLASS3.4レベルに合格していますので、
金属カバーがへこんでしまう衝撃でも傷が付く程度ということになります。
また木の断熱性は「鉄の400倍強」「アルミの200倍」「コンクリートの8倍」とされていますので
まさにその優れた効果により耐熱性能も突出しています。

北米においては、あらゆる気象条件に対応できる材料として中高級住宅に使われていますので
 
(写真はメーカーイメージ)
この快適さと省エネルギーを好む思いは日本と同じでありますね!

また200年の時を得た素材本来のエイジング感がありますので

(写真はメーカーイメージ)

外壁などもそれに沿った造形を駆使して彫刻を施していきたいと思います!


2019年 6月 3日 月曜日
古材
彫刻の家・ひびきの|彫刻の家・感田

ひびきのの現場で使うアメリカ古材を見付けました!


壁や創作部分ではモルタルを彫って造形し古木のように仕上げますが、
こちらの本物の古材は床の一部として使用させていただくことになりました。


アメリカ古材は同じ樹種でも様々な表情や雰囲気が垣間見えるのも魅力的で
長い年月の間に受けた外的要因なども全て含めて丁寧に回収され、
釘抜きや加工に手をかけてあげることで歴史的な風合いや迫力などもそのまま生きてきます。
 
その分、価格も少々高くなりますので
部屋のポイントとして部分的に使う施工の工夫が出来れば面白いものになりますね!
詳細はもちろんですが価格交渉なども井上と張り合って下さいね!  バリバリと!




さて、続きましてこちらは感田の彫刻邸になりますが
 
外構工事も完了し、人気の高い煉瓦チップで鮮やかなに仕上がっております!

彫刻の家の外構には煉瓦チップを使う事が多いのですが
煉瓦チップは見た目がお洒落で様になるというだけではなく、

保水性と透水性に優れていることから昨今問題にもなっている気温の上昇を抑えながらも
乾燥も防ぐという効果も期待できます。

また、日照をシャットアウトすることで雑草の成長を抑制させる働きもあるとのことですので
 

今年から猛暑の中での草取りという過酷な作業から
奥様が (いえ 施主様が)
おおいに解放されることを期待しております!


2019年 5月25日 土曜日
基礎工事
彫刻の家・ひびきの|リフォームの家・宗像

こちらはひびきの現場


基礎立ち上がり型枠工事を進めておりましたが


数か所ある湾曲した土台部分も綺麗に出来あがっておりまして
  
基礎工事一式を完了するまでもうじきとなっております!
こちらの作りも丸みのある形となっていますのでお楽しみに〜


また、宗像のリフォーム邸では
トイレ土間のタイル工事も始めていまして

こちらの土間もまた面白そうな表情を魅せてくれそうです!

あと数日でリフォーム完成予定となっていますので
思想あふれる独特な世界観を見ていただければと思います!


2019年 5月23日 木曜日
基礎工事
彫刻の家・ひびきの|彫刻の家・感田

カラッとしたお天気が続いておりますね〜
おかげさまで作業もしやすく、ひびきのの現場では基礎工事が進んでおります!
 

配筋も終わりまして、
 

ベースコンクリート打設も完了!
 

 

大地君を交え、プレカットの打合せも現場にておこなっておりましたが
 
「3Dと言われている頭脳を存分に発揮したまえ・・」
なぞと凄いプレッシャーをかける棟梁と
その言葉に少し興奮気味の大地君を見て、
なんだか凄いのが出来あがるんじゃない?と期待しておりまーす。



そして感田の彫刻の家のほうはですね、
美装屋さんにも来てもらい綺麗に磨いてもらっておりました
 

壁紙を使用するのは初めてですので、どのような雰囲気になるかな?と思っていましたが
 

奥様の斬新なチョイスで個性溢れる夢ある空間が出来あがりました!
 

これからのご家族のことを考え、使用する部屋のテーマや目的に合わせての色調を選ばれおり、
 

また、奥様方には重要な納戸や家事室までも、こだわりの壁紙をチョイスされておりますよ〜!
 

この新しい家で大〜きな笑い声が響き渡るのを楽しみにしております!


2019年 5月20日 月曜日

リフォームの家・宗像|彫刻の家・ひびきの

先週末から久しぶりに空がぐずついておりましたね

そんな中でも ゴルフおバカの 井上と安東君は毎年恒例の「ほけんの窓口レディース」へGO!
  

が、人が多すぎるからと相変わらず食っちゃ飲みしていただけのくせに
 
「雨が降ってきて風邪をひいたらどうしよう・・」ですと。

プレーもせずに風邪ひくなんぞ、知ったこっちゃない。

いくらキャロウェイ のコーデを真似てみても
石川諒クンには程遠〜い2人なのでありますね。


ということでそんな職人衆には仕事で力を発揮してもらうべく、
各現場のほうは順調に進めております!

宗像の現場ではトイレの珪藻土やタイルの目地詰めも終わりまして、
 

部屋の創作も他では見る事もないであろう特質的で独創性あふれるような姿になり、


異彩をも放ってくれる力強い空間になりつつあります。
 


また、ひびきのでは基礎の配筋作業に入っておりまして
 

 

湾曲した壁の基礎も、木枠でしっかりと作りあげていきますよ〜


このままコンクリート打設へと進み、
棟上げに向け進めてまいりますね!


2019年 5月 9日 木曜日
立夏
彫刻の家・ひびきの|彫刻の家・感田

5月5日の節句も終わり、立夏(りっか)に入ったということで
暦の上では夏に突入したようですよ〜


井上や棟梁にとっては厳しい季節の始まりと思いきや

「夏はやる気も燃えるから大好き♪」

だそうで、見てるだけでも暑っ苦しい2人に
夏中こんなことを聞かせられる私達の猛暑ももうすぐ始まります。


また、連休が終わりいろいろな所も慌ただしく再始動していますね〜

今日はこちらの日通トランスポートに材料を引き取りに来ましたが
活気に満ちておりました!


各現場のほうも進んでおりまして
ひびきのの現場では床掘工事も完了し、
 

基礎捨てコンクリート作業に入りました。
 

倉庫では基礎鉄筋加工を始めていますので
 
基礎の要となる重要な配筋工事も近々着工になります!



また、感田の現場のほうも吊り橋も完成しまして


洗面カウンターなどの創作作業にも入っています。



そしてこの度、こちらの感田では”壁紙”を採用をする事になりました!
当社としてはとても珍しく、今までの施工写真にも壁紙が一枚もないほどです。
と言うのも標準仕様を無垢材にしているからでありますが
今回は壁紙ということで、なかなか新鮮な壁に仕上がっておりますよ〜!

さすが奥様、選ぶものが違うのですね


また洗面台も奥様らしい可愛い壁紙チョイスで
 

棟梁の洗面台造作にピッタリという空間になりました!



他のお部屋もそれぞれの目的や使用に合わせて細かに考えられての色味になっておりますので
 

これからのご家族の暮らしもとても幸せに流れていかれるのだろうなと思います。
  

もう少〜し最終の造作なども仕上げてまいりますのでよろしくお願いいたします!
 


2019年 5月 6日 月曜日
終・ゴールデンウィーク
リフォームの家・宗像|彫刻の家・感田|彫刻の家・ひびきの

ゴールデンウィークも今日が最終日!
大型過ぎる連休でしたので予定外のことも多かったと思いますが
奥様、帰宅後のたまった片付けや洗濯など、もう少しもう少〜しがんばって下さいね!( ><)
施主様も家族サービスや混雑する中での運転などお疲れ様でございました!

また、まーったりと過ごすことができた施主様も多いようですが
明日からの切り替えも頑張ってまいりましょ〜

井上の連休も相変わらず安心の棟梁一家とまーったりと焼肉を食べたりしていましたが
 
いくつになっても
「タン、追加くださ〜い」
「タン、おかわりお願いしま〜す」
「タン、まだありますか〜」    

て、

その体にいくらかけてんだ。



そんな体を動かすべくゴルフもがんばっていたようですが
こちらゴルフ誌のような一枚、左の方の貫禄って凄いですよね〜


そ〜なんです!ゴルフに詳しい業者さんや施主様はもちろんご存知の
日本アマチュア界のスーパースターなのであります!

最近一緒に回らせてもらっているようですが
「ハンデはマイナス20でいかがでしょ・・?」というプレーですから
地球を叩いている場合じゃない事にうすうす気付きだしたというドン臭い井上であります。




さてさて、そのような大型連休中でしたが各現場はけっこう進んでおりますよ〜!


こちらは宗像の現場ですが
まさに「凄い・・」の一言。
 

 

 


いっそう、どっしりと堅固不動たる雰囲気を感じる事ができるせいか、

私共まで強い心持ちになってしまうものですね。

この新鮮でもある感覚をより与えていただけるよう、
 
施主様の次の創作も楽しみにしております!




また、感田のほうも玄関の砕石入れをおこなったり、


 


ひびきのの現場では基礎を作るために
 

地盤を所定の深さまで掘削する”床掘り”作業もスタートしております!


これからこちらの”ひびきの”も
どんどん作業が進んでいきますので施主様、奥様、よろしくお願いいたします!


2019年 4月 11日 木曜日
まだまだ
彫刻の家・ひびきの

桜、まだまだ咲いてます!
  
昨年は雨や風の影響で桜が舞い散るのが早い年でしたが
今年は桜に好都合?の天候のおかげで今週末でも桜を観覧できる所がたくさんあるようですね。
天気の良いうちにお早めに〜


さて、桜の季節はとても仕事がしやすい時期でもありますので各現場も進んでおりますが
こちらの”ひびきの”の現場でも整地作業に入りました。


けっこう広〜い土地になりますので、このまま綺麗に整地を続けながら
 
次の基礎工事に向けての準備も進めてまいります!


2019年 3月28日 木曜日
地鎮祭
彫刻の家・ひびきの

大安吉日の本日、工事の安全と家の繁栄を祈る儀式「地鎮祭」をとりおこないました。


この土地の神様や地域の氏神様に土地を利用させてもらう事の挨拶と許しをもらうため、
祭壇に立てた神籬(ひもろぎ)に神様をお迎えし、降臨していただきます。


その後は神様に祭壇のお供え物を食べていただく儀式や
工事の安全を祈る祝詞(のりと)の奏上や四方祓いの儀で土地を祓い清めてもらいますが
 

ここでいよいよ地鎮の儀!
施主様の出番となりまーす!

末永い繁栄と神の御加護を祈って「永! 栄! 衛!」
この地鎮の儀は初めてこの土地に手を加える姿を神様に見守っていただくという儀式。

また地鎮の儀は
・斎鎌(いみかま)を使った苅初之儀(かりぞめのぎ)
・斎鋤(いみすき)を使った穿初之儀(うがちぞめのぎ)
・斎鍬(いみくわ)を使った鍬入之儀(くわいれのぎ)
とも言われていますが
施主様のように 大〜きな声 で神様に気持ちが伝わるような掛け声がいいそうです!

また、棟梁も手を加えさせていただきまして、ありがとうございました。

この想いを持って施工にかからせていただきます!



本日は遠い別府から神様へのお顔合わせをありがとうございました。


 

 
とどこおりなく地鎮祭を挙行できたことに感謝し、
クオリティの高い造形をこの土地に建てさせていただくため準備をすすめてまいります!


2019年 3月18日 月曜日
新しい現場
彫刻の家・ひびきの

こちらの見渡しの良い場所は新しい現場の若松ひびきのです。


施主様は別府にお住まいですので今は距離がありますが
私共で責任持って進めていきますのでご安心くださいね!
また、遠い別府から私共を見付けていただき本当にありがとうございました。

今日は土地の顔を見るために、棟梁自ら草刈りに入りました。

着工に向けての前準備も予定通り進めてまいりますので
遠距離になりますがよろしくお願い致します!



そして、そんな棟梁宅のイブキが卒園式を迎えました!


来月からはもう小学生だなんて早いものですね〜


式での園長先生のグッとくる最後のお言葉も気になりますが

こちらの園長先生、ご存知の方も多いのでは??
そうなんです、八幡西近辺の方は懐かしく感じられるかと思いますが
私共の幼稚園時代からの園長先生です!
創立以来49年間、園長を努められているのですが
これまでイブキの運動会などにも喜んで行っていたのは
懐かしい園内と優しかった園長先生に会えることも楽しみだったのです!

近頃では、親・子・孫と三代にわたって「園長先生!」と呼ばれていると思いますが
このような場所を大切にしていきたいものですね。


2018年 7月16日 月曜日
打ち合わせ
彫刻の家・ひびきの

この度、新しい大切なご縁をいただきまして
大分県へ打ち合わせに行ってまいりました

いつも北九州まで来ていただいてますので今回はこちらからGOGO〜

という事で湯布院フローラルヴィレッジに連れて行ってもらい


ハイジの泉でユキちゃん発見しましたよ!
 
DVDを全巻持っているほどのハイジマニアにはたまらない泉ですが
ヤギとヒツジの見分けはつきません。

しかし、さすが湯布院ですね
食う気が違います。
 ↑
(変換いつもこうなる)
空気が違います。

全国2位の源泉数と湧出量を誇る温泉と豊かな自然に囲まれていることから
「東の軽井沢、西の湯布院」と言われほどのことはありますね〜
とにかく食べ物が美味しいのなんのって ( ´)З`)))

で、ご馳走になりましたのは・・
こちら何かわかりますか〜??

なんと「ひつまぶし」ならぬ、
豊後牛をふんだんに使った、その名も絶品「由布まぶし」!

食べ方もひつまぶしと同じで
一杯目はそのまま、二杯目は薬味で、三杯目は豊後牛のすね肉からとったダシを入れて、
濃厚なのにさっぱりいただけます。

今年は外に出ると頭から変な湯気がでてくる夏ですので
涼みながらジューシーな肉汁を味わうといった、のーんびな休日も気分転換には最高ですね!

お店の詳細は 由布まぶし 心


ところで『ゆふいん』といえば『由布院』と『湯布院』どちらも使われておりますが
どちらが正しいのでしょう (・・ ?)
例えばJR駅は『由布院』ですが、高速ICは『湯布院』となっています。

ということで調べてみました!

そして答えは「どちらも正しいです!」 とのことでした。

元々の温泉を指す由布院は大分県の中部にある温泉地の総称で『由布院町』 でしたが
昭和30年に湯平村と合併し、両方の地名を合わせて 『湯布院町』 となったそうです。
そのため昔ながらの『由布院』という名もそのまま残されており
合併前から旧由布院町にあったところには『由布院』が使われ、
旧湯平村を含む場合は『湯布院』を使ったりとされているようです。

ちなみに平成17年には挾間町・庄内町とも合併し『由布市』となり
使い分けが難しくなったためか最近では『ゆふいん』と平仮名表記される事が多くなったそうです。
しかし、そこに住まわれる方にとっては愛着のある地名ですので
混乱はさておき、様々な書き方があるのも味が合って良いなぁと思ってしまいますよね!


本当によいところでしたね〜
施主様、奥様、いろいろとありがとうございました!
少々距離があるため何かとご不便をおかけする事もあるかと思いますが
これから末永くよろしくお願い致します!


2019年 2月 9日 土曜日
別府
彫刻の家・ひびきの

 

別府と言えばやはり温泉ですよね〜

この湯気と硫黄のホッとする香りが何ともたまりません。
まるでアロマ

そういえば子供の頃「六一〇ハップ」の湯に入ってませんでしたか?
そうですそうです、硫黄の香り高きムトウハップです!
当時の我が家は入浴剤といえば緑のバスクリンか六一〇ハップのみ。
       
真っ赤な液体がお湯の中で真っ白に変わっていくのも子供心をくすぐりましたが
ヘビーユーザーだった母のおかげで家族全員の肌が無駄にツルッツルしてました。
懐かしいですね〜
今度こそは打合せの後に軽く温泉に立ち寄って帰りたいと思います!


さて、別府の施主様との打合せもかなり進んでおりますが
こちらもきっと奥様方が「え!?」「あれー!」と驚かれるような
かなり面白い空間をつくっていきますので
詳細をお伝えできるまで楽しみに(本当に楽しみに♪)お待ち下さいね〜!

アーカイブ

2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻の家・ひびきの
エイジングの家・宮若
洋の館・八幡西
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報